ブイシーな911を目指して

12.jpg

下手をすると、
下手をしてしまうのが、
空冷ポルシェのモディファイ。

いわゆる、
「オシャレ」や「シブイ」の、
スイートスポットが狭い。
モディファイの塩梅と中庸が難しいのだ。

ちなみに狙っているのは、
「シブイ」のゾーン。


今回ボディ3面にステッカーを施工。
同じ993乗りの方に作成して頂いた。

リア面は既に、
ウィンドウ上部に施工済なので、
その他の3面に施工、
これも拘りたい大事なポイント。
(施工は1点モノなのでプロ師に依頼)

ちなみに、
ステッカーカラーは、
ボディや足回りの、
カラーリングに合せて、
濃厚なグレイをチョイスしてもらった。
(この色味のチョイスが絶妙なセンス!)

控えめなエアロに、
足回りに馴染むステッカーカラー、
自画自賛ながら、
随分と高次元にまとまった青銀ポル993!



そして…
装着して2か月経ち、
今回初めて、
クァンタムT5RSの、
減衰力をイジってみた。
(備忘録としても残しておきたい)

F:9ノッチ
R:13ノッチ
をデフォルトにしてスタート。

全体的にストリートレベルでの、
応答性がもう少し欲しいということで、
フロントをマイナス3ノッチ。
(体感的には3ノッチずつ位が良いとのこと)
(前後一気にやるとハマるので片方のみ)

都合、
F:6ノッチ
R:13ノッチ
箱根に向かう。


道中街中、
高速道路に於いて、
すぐに違いが体感出来る!

初期ステアの応答が断トツでイイ、
フロントタイヤが仕事をしている、
以前より粘るような感触!

いざ、
ターンパイクにインして、
ワインディング走行を開始。

強めにブレーキングをして、
荷重を左右前後にかけて、
クルマを揺さぶってみると、
はて?

街中で心地よいと、
感じていた「粘るような感触」、
は残しつつも、
一方で「腰砕け感」がチラリホラリ。
ブレーキングではダイブというか、
微妙にピッチングも出始める。
でも砕けきりはしない。
(前後減衰が合っていないのか?)


それでも、
以前よりフロントタイヤからの、
車両全体の情報量は豊富で、
終始信頼感はある。

しばらくはこれで試して、
今度リアの減衰も落としてみて、
前後のバランス感覚を合せてみる。


分かってはいたが、
街中とワインディングを、
オールラウンドでいける1セットはなくて、
それぞれ一長一短であり、
それぞれの場所で、
それぞれのセットが必要ということ。

しばらくは、
この減衰設定の泥沼にハマりたい、
楽し過ぎる。


ちなみにエアコンは、
完全に没したので修理が次週に決定。
(完全にガスが漏れている…)