激変エアロチューン

080705_124016.jpg

市販車のようなノーマルエアロで、
ダウンフォースを発生させるのは難しい。

仮にさせようとも、
それなりの速度域に乗せないと、
ダウンフォースはなかなか得られない。
(場合によってはリフトが始まる…)


そこで登場するのが、
ウイングなどをはじめとした、
エアロチューンだ。

一般的に、
速度を上げていくと、
通常は不安感が増していくが、
速度と反比例する形で、
安心感が増していくのは、
ダウンフォースの不思議な感覚。

このダウンフォースは、
空冷ポルシェには、
到底感じることの出来ない感覚であり、
とりわけRRディメンションゆえ、
速度を出せば出した分だけ怖くなる。
噂通りフロントに端を発して、
全体的に不安定になっていく…



写真のエボフォーは、
フロント周りをVARIS
リア周りをVOLTEXで武装することで、
強烈なダウンフォースを獲得していた。
エアロチューン済である。
(追加オイルクーラーが勇ましい!)

フロントバンパーのみならず、
フードとフェンダーも、
侮れない効果だったのに加え、
FFを基調としたディメンションだったので、
初期応答とハンドリングは抜群だった。


体感的には、
120キロあたりから感じられ、
150キロではしっかりとかかり、
200キロ近くになると、
地面にへばり付くようなイメージ。

このようなフルエアロ状態になると、
ストリートモデルでも、
随分とダウンフォースを獲得出来る。
(スーパーGTなどは想像を絶する…)


後端のGTウイングは、
3段階の角度調整式で、
見た目には大したことない調整幅だが、
実際に角度調整をして走ってみると、
その効果は随分と違いがあった。

1番角度がつくように取り付けると、
空気に抵抗する感覚が強くなり、
明らかに加速度が鈍くなり、
高速域のエンブレが強くなる。
その代わりに、
強烈なダウンフォースが獲得出来ていた。



もちろん当時は、
ターボ車で、
350馬力程出ていたので、
それなりの出力特性ということでの、
エアロチューンだったので、
ある意味で、
バランスが良かったのかもしれない。

このダウンフォースの獲得は、
ノーマルエアロでは得られるものではなく、
エアロチューンによって、
基本的には得られるものである。
(燃費や安全性の問題もあり…)


一方で青銀ポル993が、
よく走るステージの、
箱根のターンパイクなどをイメージすると、
速度域はシフト3~4速ゾーンで、
しかも基本的には上り。

実は、
ダウンフォースなんて全然必要なく、
メカニカルグリップで、
しっかり走り切れるステージだったりする。

とは言ったものの、
高速やたまに走る富士本コースなどの、
超高速域になると、
フロントの接地感が希薄になり、
精神的には不安になるのもこれまた事実。
ハイパコ直巻きで随分と改善はされたが)


何かを得ようとすると、
何かを失ってしまうチューニング、
奥が深い。