ブレーキが効かない

IMG_8444.jpg


やっぱり効かない、
なんでだろう、
パッド残量も目視出来るし、
エア抜きもしたのに…


困ってた矢先、
1000キロ程使用した、
パッドを譲って下さるという話が…

同じく993C2の乗られている方で、
しかも次期装着予定だったENDLESSの、
MX72とのこと。
非常に有難いお話。



早速、
使用していたパッドを取り外してみると、
やはりというか、
どうやら装着していたパッドは、
熱によってフェード変質していた様子。

写真の白っちゃけている面から、
その奥にかけて黄色っぽくなっているのが、
高温状態になり変質したと思しき部分。

パッと見はまだ全然いけそうなの、
全然効かないという不思議。
ちなみに装着していたのは、
ENDLESSのエントリーモデルPC。



さて、
新品に限りなく近い、
MX72をハメ込み、
そのまま家に帰るワケには行かず、
一路箱根ターンパイクへ出陣。

走り始めで、
街中では違いを感じられないか、
と思いきや…


一発目からギンギンに効くではないか!


もちろん高速域に於いても、
安定して4輪が減速しているのを感じ取れる。
そう、
これ位効かないと!

ターンパイクに入り、
減速しながらコーナーに侵入すると、
しっかりブレーキが効いているので、
荷重移動がきっちりと出来る!
(これをやり過ぎて事故ったので以後自重…)


しばらく悩んでいたブレーキ問題に関しては、
これにて解決された模様。
以前より対応温度域も高くなっているので、
富士でもタレないはず。
まだ鳴きに関しては聞こえてこない。


一方で、
パッドローターが馴染む前は、
初期制動が結構強めに出て、
ローターに被膜が出来て馴染んだ後位に、
初期制動がマイルドに立ち上がり、
コントロール性が高まるらしいが、
今後どのようにフィーリングが変化するか、
お伝え出来ればと思っている。