動くトレーニングルームと化す

IMG_8419.jpg

写真は関越土樽PA。
関越トンネルを抜けると、
すぐ左手にある。

冬場は、
トンネルを抜けると、
まっ白だったり、
吹雪いていたりと、
異世界の玄関口となるPA。

関越トンネル手前の谷川岳PAと、
関越トンネル出口の土樽PAは、
冬場はチェーン着装ゾーンとして賑わっているが、
夏場はこのように閑散としていて何とも寂しい。

夜中に、
除雪車のイエローサイレンの中で、
完全防寒した係員に、
タイヤを見られて、
赤いライトセイバーをヒョイヒョイ振られて、
あっち行けこっち行け、
されるのが谷川岳土樽である。

今日は定番の塩沢石打へのドライブ。
新潟は冬と夏に見せる表情が違って実に楽しい。


道路沿いの温度計は、
28℃、
29℃、
31℃、
15時が一番暑かった。

エアコンなしで、
往復500キロ走ると、
5月でも茹る…

なんか帰りは少しだけ、
ボーッとしたような、
しなかったような…

とにかく高速でも、
ずっと窓開けて走ってるから、
音楽もラジオも風切音で聞こえない。
これはやっぱり、
しっかりと直そう。


懸案のブレーキは、
この前エア抜きしたけど、
1割ちょいしかニュアンス改善されず、
どうやらパッドが終わってるのか。

ENDLESSのPCから、
MX72に換装予定。
ダストはTWSに交換したから、
気にしなくても大丈夫そう。
(洗いやすいということで)


今日ふと気づいたけど、
5年位前に987Bで、
東京~新潟を往復してた感じと、
今の993で往復した感じを比べると、
随分と「疲れるな」という印象(笑)
エアコンなしが響いてるのか…)

さすがに当時最新のポルシェとだけあり、
平均スピードも圧倒的に速く、
サクサクPDKで、
オープンでも静粛性抜群で、
音楽もキレイに聞けて、
エアコンもガンガンに効いて…

そういえば、
ビーチサンダルで、
ラクラクと運転していたなと。


993は、
いい意味で、
クルマと常時会話してる感じ。
動くトレーニングルームかって。

いい意味で。