やはり避けられぬエアコン改修

エアコン

実は去年からエアコンが効いていない。

もしやと思い、
去年一度冷媒をドーピングしたが、
半月も持たずに冷気は消え去り…

そもそも、
空冷ポルシェのエアコンは、
その配管周りが、
クルマの周りを一周しているので、
配管そのものが構造上長い。

この構造上の問題から、
冷媒が途中で漏れてしまい、
エアコンが効かなくなる、
という症状が比較的出やすい。

またこれ以上に深刻なのが、
気化されたガスを冷却する、
エバポレーターが没している状態だ。
さすがに20年経ったクルマと言うべきか、
これが壊れていると修理は高額に…
(燃料タンクの取り外しも必要な作業)


しかも追い打ちをかけるように、
車内のエアコン送風口からは、
これまた定番の鈴虫の鳴き声も…

ブロアモーターの軸受けに、
ガタが来ていると発生する音。
ブロアモーターも随分と値が張るパーツ、
しかも左右別々にあるってどういうこと…

去年の夏はさすがにしんどかったので、
今年はどうにかエアコン付きで、
乗りたいところ…