まもなくケイマンGT4生産終了

8edaf7bc48.jpg

関東圏のポルシェディーラーに行ってきた。

ボクスターか911でも、
気まぐれお忍び試乗しようと思ったが、
直前に雨が降ってきたので断念。
(まぁモデルチェンジ前の試乗で怪しいし…)

というわけで、
ケイマンGT4の最新の発注・納車状況をヒアリングしてきた。
さすがに1000万クラスの超お得車とだけあって、
911Rより話題のバリューは圧倒的に高い。
お届けしよう。


まず、
供給は未だに追いついてない状況で、
各店舗でいわゆる「納車待ち」の客はかなりいる様子。

とは言ったものの、
いわゆる「納車しなきゃいけない客」、
に対しては既に作業をほぼほぼ完了出来る見込みのようで、
そこまで焦ってもいないようだ。

納車しなきゃいけない客というのは、
各店舗のいわゆるクラブオーナーだ。
彼はあらゆるモデルの納車優先権を保持している上顧客だ。

ちなみに店舗では、
今でも一応一応「予約」は形上出来ることは出来るが、
納車の可能性は0%ときっぱり断言される。
(予約キャンセルの嵐でのおこぼれはあるかもだが…)

最も納車ハードルが高い仕様は、
噂のカーボンバケットシートを押しのけ、
オプションでロールケージを組み込んだモデル、
正式なケイマンGT4CSではないが、
いわゆるクラブスポーツ仕様は来日の可能性が極めて薄いようだ。

ハンドルに関しては、
当初「左」枠に集中してしまい、
去年末に「右」枠への誘導を実施、
多くの人が「右」枠に流れたようで、
最終的には「左」枠に多少の余裕が出来たそうだ。


なにより問題は今後の納車スケジュールだ、
718型の生産ラインが4月あたりから稼働するようで、
旧モデルにあたる981型はラインクローズドが近い。

981ケイマンGT4の生産ラインは4月前後に終了見込みで、
今月3月末のデリバリー連絡は予約者に既に完了、
次回は4月末のデリバリーとなるが、
ここがもしかしたら最後のデリバリータイミングかもしれない。