993入院状況

IMG_0817.jpg

青銀ポル993の近影。

既にニューバンパーを組み付けて、
寸法の最終調整を完了してチリ合わせ済。

フロントフェンダーに一部黒の部分が見えるのは、
ドナーの993カブリオレが黒だったからだろう。
有難味と同時に何だか感慨深く、
改めて993カブリオレには一度手を合わせたい。

リアフェンダーに関しては、
当初負傷した部分をぶった切って切除し、
993カブリオレから移植するという構想もあったが、
今回それは見送られ丁寧にタタキ直す方向で進んでいる。

これにヨーロッパRSのリップが付き、
TWSが装着される姿を想像するだけでなかなかのものだ(笑

今回の箱根クラッシュまとめ…

993クラッシュ

クルマ選びは人生選びだ

空冷ポルシェ蘇生への道

保険のアジャスターとは

モノコックボディとは

G50の6速ミッションのレア度

ボルケーノ復活への道

993復活メド

11月の負傷から約半年をかけての修復作業。
あと1ヶ月程で復帰予定。

約500万をかけてまでして、
直して乗りたいと思わせる魔力があるクルマ、
空冷ポルシェ。

生産から20年、
初の事故を経てのリビルト、
また公道を走りだす時はもう近い。