アンダー500万で911を買う

IMG_7458.jpg

結局450~500万程度の修理になるので、
これを機にやはり乗り換えようと、
潔くカーセンサーを覗いてみた。

車種は911で、
ミッションはMT、
金額の上限は500万。
条件はこれだけ。

該当車はなんとわずか国内に28台、
ちなみにATを可にして153台、
少ない。

改めて、
911のMT中古車市場は極めて狭いと認識。
PCの中古車センターに1台もMTがない、
なんていうのは最近そんなに珍しくもない状況。

アンダー500万の911MT探しは、
慣れと経験がないと極めて難しい作業だと思った。

並んでいる年式は、
空冷930~997前期までと幅広い、
さすがにMTとなると空冷が意外と台数が多いのが時代を象徴している。

空冷は20年近く経っており相変わらず車輛状況が全く分からず、
996も怪しい改造を施されているモデルが散見し、
997もポツリと1台だけ混じっており、
なかなかの刺激と恐怖感が漂う。


カレラ4、
タルガ、
GT3ルック、
というのはいつの時代も不人気な様子で、
低価格帯にいるが拘らなければ十分お得車もありそうだ。

997 C2  2004 8.4万キロ 478万 クラッチOH済
996 C4S 2003 4.5万キロ 435万
996 C2  1999 3.8万キロ 340万

安牌で可能性がありそうなのはこの3台くらいだろうか。
個人的にはスパルタンに乗りたいので996をチョイスしたい、
911買おうと思えば400諭吉で買える時代なのか。

しかも996のC4Sは実は身近にしばらくあった時期があり、
その破壊力と機動力の高さは知っており、
長距離を移動するクルーザーとしては最高である。
ターボも買える人がNAをあえて選ぶ贅沢車。

しかし個人的にはやはり、
4WDではなくRRこそ911と思っているので、
迷わず1999年の996 C2をチョイスしたい。

空冷993の直後の996ということで、
その良い意味での軽々しさがある走りは、
今の最新型の991では味わえない境地にある。

ポルシェお初で、
991でノリノリのお方が、
996とかを箱根や首都高でいきなり乗ったら、
さぞかし今のポルシェを有難く思うことでしょう。

ただこの996、
もはや17年落ちなのに3.8キロ、
かわいそうとしか言いようがない走行距離、
ドコかで10年近く寂しく眠っていたのだろうか。

それを思うだけでも、
今すぐ買ってあげたくて、
太陽の下で全開走行に連れ出してあげたくなる!

機械なんで中身はOKとして、
電気周り、水周り、ゴム周りの経年劣化部分をリフレッシュして、
フルエキにしてネオバ履いて、
フルバケ、ハーネス付ければ
恐ろしい軽量戦闘機の出来上がり!

…と電車の中で妄想してみたり(笑)

安心して下さい、
993進化して直って戻って来ますよ!