梅雨前までの峠シーズン

IMG_6173.jpg

融雪剤が散布された冬期シーズンが終わり、
初春から梅雨前までは峠のハイシーズン。

クムホV720は、
あと1回サーキットを走ったら終わり。
同一モデルのおかわり予定はなし。
(正直クムホV720は思いの外良かった)

定番のざっくりタイヤプレイバック。

ネオバは、
残溝半分まではスパイク的抜群のグリップ。

ディレッツァは、
コスパ抜群でバランス感優れたのクリップ。

71Rは、
通常の転がり状態から発揮する超弩級グリップ。

V720は、
71Rよりきっちり動かなさくても引き出せるグリップ。

と言った感じだろうか。

次はもう一度POTENZAに戻り、
71Rの後継モデル71RSをチョイス予定。

左右非対称パターンに加え、
タイヤそのものにキャンバーが付いてるとか、
面白そうな要素も満載。


スプリング替えてから、
交換後の極初期はかなりバンピーだったが、
時間が経ってカラダが慣れてきたせいか?
かなりシットリ走るようになった気がする。
(スプリングが馴染むとかあるか?いやないでしょ…)

とにかく12-16キロがかなり好感触。