今年の走り初め

56B819AE-C7B2-4793-A02B-001698BD9A65.jpg


ブレーキングの初期制動って、
何でもかんでもガツンと踏めばいいと思ってたけど、
いや正しくはそう教わった記憶があるけど、
実際はそうとも限らなそうだって言う話。

71Rの時は大抵どんな状態でも、
ガツンとブレーキ踏み込んでも、
初期制動時に四輪が暴けることはなかったけど、
V720はガツンといくと制動初期に一瞬四輪が不安定になる。
(71Rってタテもヨコも入力にめちゃ強かった印象)

最近この挙動にオヤ?とやっと気付いて、
初期制動の入り方をガツン一辺倒ではなく、
ちょっとマイルドに踏み込み始めて、
ジワっと踏力を増していくブレーキングにしたら、
途端にスムーズに減速姿勢に入れるようになった。
(気づかぬうちに以前より初期踏力が上がった説もあり)

パッドのCCRGがこれまた、
初期制動がキレイに立ち上がって、
踏力がZタイプの時ほど必要なくしっかり制動するので、
かなり冷静にブレーキングに集中出来る。
パッドの掴みと離し具合もCCRGの方が上質感あり。

フィーリング総評的には、
タイヤはV720<71R、
パッドはZタイプ<CCRG、
と言う感じだと思っている。

71RS×CCRGにしたらもっと安定するかもしれない。
道具や装備に頼って整えていくことも大事。

V720は全体にゆっくりな動きで、
でも奥の方まで幅色くネバーっとグリップしていく印象、
突然フィールが変わってすっぽ抜ける様子も全然ない。

潰し切らなくてもグリップが容易に引き出せる感じで、
引き出したあとは結構奥の方まで伸びていく感じ、
比較的にタテ方向よりヨコ方向の方が強い印象。


(追記)
つまりは裏を返すと…V720×CCRGは相性が良いのかもしれない。