993RSで家が買える

content_327mn.jpg

まず実車を久し振りに見ることが出来たのと、
カラーがイエローだったこと、
そして状態がきれいであったことに驚き。
まだこんなのがあるとは…

993カレラRSCS、
やはり内装などは964RSと同じく、
カーペットなどはもちろん排除され、
極めてスパルタンな雰囲気…

確かに、
通常のカレラと比べたら造りの違いはもちろんのこと、
重量の面でも相当のアドバンテージを持つものと見られ、
足回りのパーツなどのクオリティも高いときたらもう…

ちなみに国内で見かけたこの993RSは、
国外行きが既に決定しているSOLD車輛、
こうして国内のスペチアーレ達は旅立って行っているということか。
何だか複雑な心境に。

価格に関しては、
山手線ど真ん中にマンションを買うには難しい金額だが、
都内の郊外であれば少し古いマンションが十二分に購入出来る金額で、
この993RSの取引は成立・完了していた。

あたまの数字は「4」であったということだけお伝えしておこう。
もはやちょっとした「家」である。
993が生まれて20年後のことである。

現行991スペチアーレモデルを背伸びししまくって買えば、
同じようなことが20年後出来るのかと言われれば、
それもまた少し違ってくるのだろう。

そんな可能性があるのは、
996GT3RS997GT3RS3.8/4.0ぐらいだろうか。