AMGのフィールと993の魅力

IMG_8415.jpg

どうしてもポルシェと比べてしまうが、
「色々と簡単だなぁ」というのが最初の印象(笑)

そう、
このイージーさを求めていたのだから、
改めてコレで良かったと安心する。

フロントエンジンで、
4WDという駆動方式もあり、
もう好き勝手突っ込んで、
ステアリングを切ると本当にグイグイと、
クルマの方が判断して曲がっていく、
そんな感じ。


このAMGライドコントロールっていうシステム、
これは本当にスゴそうな感じ、
ちょっと首都高とかで攻めてみても、
全然余裕ある感じで、
先にタイヤの方がブレイクして、
ぶっ飛んでいきそうな位のキャパ。

ほとんど2トン近いボディで、
ステーションワゴンというガタイだが、
全体をCPU制御されたその動きは、
本当に1.3トン程度のスポーツカー然としている。


なんて言うかな、
その制御されたって言うのは…

エンジン出力状態から始まって、
ステアリングの舵角、車速、路面傾斜、路面ミューなど、
種々の情報を常にセンシングされながら、
実ドライブ状況より予めもう1テンポ先をヨミつつ、
かなり巧妙に減衰調整とロール調整をクルマの方が最適化して、
かなり自然な状態でコーナーをクリアしていく、
そんな印象を受ける。

タイヤへの超最適入力状態をひたすら探し続けている、
と言う感じ。

一方でドライバーがこのセンシングが気になったり、
動きを不快に感じることが一切ないのは、
さすがと言うべき仕上がりなんだろう。
(E400の時の制御は正直かなり気持ち悪い感じだった)


お噂通り変速サウンドは、
「フォンフォン」シフトアップして、
「ブォンブォンバリバリ」シフトダウンして、
お約束とは言えベンツと言えラディカルなテイストで、
味付けはAMG食堂の人気定食といった所か。
(最近の常連さんには人気の方向性なのだろう)

一方で乗り込んでしまうと、
そのキャビンの機密性の高さと、
オーディオシステムの上質ぶりで、
変速サウンドなんて実際ほとんど要らないかな、
と思わせてしまうような仕上がりなのも事実。


993とどっちが速いの?
と聞かれれば、
これはもう出力特性が段違いなので、
圧倒的にC43に軍配となる。

一方である程度の周回でを重ねるであったり、
インフィールド多めのシチュエーションでは、
993の方がこれまた優勢となるであろう。


でもなんだろうなぁ、
より新しいクルマ、
より速いクルマに触れれば触れるほどに、
1995年製のポルシェ911 993型が、
より愛おしく感じることこの感覚は…

新しいクルマは本当に凄いけど、
なんて言うか少しだけ味気ない、
そんな気がする。

エンジンをこんなに近くに感じて、
路面をこんなに近く感じて、
意図したままに荷重を移動出来て、
クルマの姿勢を作ることが出来る、
この青銀ポルの素晴らしさは、
近代兵器を知れば知るほどに魅力を増す。

C43も恐ろしいクルマだが、
993もそういった意味では十分恐ろしいクルマ。

デビューしてから四半世紀経った今でも、
最新型をむこうにやる魅力を放つとは…