最新のポルシェは最速で走りましょう

IMG_2127_20190505183944753.jpg

最新が最良のポルシェ。
最新のポルシェが最速。
これは間違いない絶対事実。


一方、
プロの世界とは打って変わり、
アマの世界や日常のストリートでは、
ドライバースキルに「大きくバラつきがあり」
上記の限りでないのがポルシェの面白いトコロ。

車体ポテンシャル的には、
改良を重ねていく工業製品なので911で言えば、
911<930<964<993<996<997<991<992」
がセオリー通りの速さ番手。

だが、
例えばこの2019年現在、
930などのクラシックモデルを愛馬にしているオーナーというのは、
「ちょっとしたドライバー」である可能性を秘めている。
(そもそも30年以上前のクルマを持つ時点でマインドが高い)

この可能性を、
ポルシェオーナーの諸兄は既知であり、
「最新が最速」のハズなんだけど、
もしかすると旧モデルにヤられてしまうかも、
なんてことは何度も体験してきただろう。

乱暴に例えると、
へっぽこドライバーの991と、
そこそこな腕のドライバーが駆る993が競ると、
993が991を打ち負かすということが、
十二分かつ結構な頻度で有り得るということである。


もはやここまで読んでお気づきだろうが、
ポルシェの中でもとりわけRRレイアウトの歴代911は、
その車両のポテンシャルを活かす活かせないが、
ドライバーに起因する部分が大きい。

この流れを受けて、
やはり旧モデルの911を好むドライバーは、
かなりの確率でドライビングスキルを何らかの形で習得しており、
911を速く走らせることに長けていることが多い。
(要するに古いモデルに乗ってる奴は要注意である)

最新モデルは、
それなりに出力が出ており絶対に速い、
ということを旧モデルオーナー、
特に空冷世代のオーナーは十二分に認識しており、
直線だけではなくいくつかのカーブと、
ある程度の距離があれば「マくってやろうか…」みたいな、
ちょっとした歌舞伎マインドを持つ人は少なくない。


裏を返すと、
ポルシェの最新モデルに乗るっていうのは、
それなりにプレッシャーもありますね、
ということである。
(普通の方は一切感じる必要はありません、と一応補足…)

古い歴代モデルでも、
上位グレードモデルのビカビカ車両よりも、
チューンド雰囲気ムンムンの車両よりも、
純正然としたベーシックカレラなどに、
その毒牙を一撃食らうと、
これはまたハートへの衝撃は大きい。


ちょっと青銀ポル993を、
ノーマル然方向に仕立ててみようかしらなんて。