雨の山に入る

IMG_8287.jpg

雨と分かっていながら、
久し振りに走りに出る。

やはり、
ドライの時には気付かなかったことに、
色々と気づかされる、
この洗練されるこの感じ…


いつもより少し早めのブレーキ
いつもより少し余裕を持ったライン取り、
いつもより気にする路面の状況、
いつもより臆病になるリアタイヤの感触。

ちなみに左側の落ち葉に乗りながら、
アクセル開度を大きめにすると、
結構な勢いで滑り始める(笑)


どんどん感覚が研ぎ澄まされていく。


不整路面には、
不規則な川が無数にあり、
それを目で追いながら、
なるべく乗らないようにトライ。

ドライの時より、
意図して前より前よりに荷重を集めて、
なるべくフロントグリップを出しながら、
コーナリング姿勢を作ってみる。
(ハンドルも揺すりながら探り探り)

ちょっとしたラリー乗りのように、
コーナー進入時に、
軽くきっかけを作るようなブレーキから、
フロントから旋回モードを作っていく。
ぐっと安心感が出る。


低速度域で、
確実に路面を捉えながらのレインラン、
これもまた気持ちいい。

いつもやっていることを、
ちょっとコンディションが悪い中で、
復習がてら試してみる。
きっとまたドライでも上手く再現出来るはず。


雨が降る早朝の山奥で、
クルマから降りて一息しては、
また走り出す。

何度もこの繰り返し。

誰もすれ違いもしない、
自分だけのコース。

雨の日も悪くない。