エンジンルーム改革 完結

P1440327.jpg


もはや文字で語る必要はないだろう。

「どう思うか?」だけである。

仕上げは、
右端に鎮座するインテークシステム。

マイアミのflat6rebelで、
偶然にも95前期用を出しており、
それを取り寄せて装着した。
https://flat6rebel.com/

インテークパイプが長いことと、
ヘッド先端にクリーナーがあるため、
実際装着してみると、
走行時にかなり首をフル可能性が見つかる。

解決策はこうだ、

写真ではやや見辛いが、
エアクリーナーの付け根部分、
向かって左側に小さなステーが付いているのが見えるか?
このステーをインマニの端とブリッジして固定、
コレでインテークが首をフル可能性を排除。
ちなみにステーはバイク用ステーを小加工して使用。

ありモノをただくっ付けるだけではなく、
実際に走ることも加味しながら、
クルマを仕上げてくれるかどうかは、
そのショップのセンスで随分と差が出てくる所だろう。


ちなみにこのインテークシステム、
吸気量は分からないが、
インテークパイプの距離が長いせいか、
明らかに中間トルクが増していて良い感じ。

サウンドは、
「シュッ、コォ〜」という吸気音を発し、
これまたちょっと昔のチューニングカーのよう。

これにてエンジンルーム改革、
とりあえずは完結。


エンジンルーム改革 序章

エンジンルーム改革 第2章

エンジンルーム改革 第3章