Guntherwerks 400R

05936256737928-7281-3913111243-carbon-54550597-844572-gunther-werks-400r 2

毎日嬉しいニュースばかり。

今度は本家ポルシェではなく、
アメリカ発guntherwerksが、
993カーボンボディでレストアさせた。
(ポルシェはボディはオリジナルだったのと正反対)


空冷エンジンを4.0リッターまでスープアップさせて、
全身を最新鋭のカーボンボディで武装して、
前後ワイドフェンダー化して逞しい太ももの中には、
遥かにワイドサイズのタイヤをはかせて、
ノーマルよりも獰猛に路面を掴まんと…

まぁ6000万という価格もそこそこだが、
台数も30台弱が出るとなると、
世界中でプレ値化が一気に進むのだろう。
(そんなセレブは話にはあまり興味がなく…)

空冷オーナーとして気になるのは、
そうあらゆる内装パーツや、
エアロパーツなど細々した所だろう。
この辺りパーツとして出してくれないのか?と。

シンガーに始まり、
本家ポルシェのプロジェクトゴールド、
そして今回のGuntherwerks
20数年前のプロダクトに世界中が拘るワケとは一体…


これだけ大きな自動車ボディのフルカーボン

随分大きな釜が必要なワケで、
その製造プロセスはなかなか大掛かりだったと想像される。

お断りが1つあるとすれば、
軽くブツけてしまったとしても、
裏側から叩いたりしてどうにか修復、
というワケにはいきませんからね、
という皮肉ぐらいしかないだろう。

https://www.guntherwerks.com/
刮目せよ!