レリーズフォーク付け根部分

P1440078.jpg


結論からすると、
これまたミッションケースの一部を破損となった。
(そう、この時もミッションケースを派手に破損した…)

今回、
クラッチペダルが戻らず、
シフトが出来なくなったのは、
このミッションケース側に付いている、
レリーズフォークが正しく機能しなくなったから。

正確に言えば、
ミッションケース内の
レリーズフォークの付け根部分が、
何らかの原因で金属疲労を受けて、
破損してしまった。
レリーズフォークは左右のワッカ部分にブラ下がってる)

これによりレリーズフォークが、
クラッチディスクをプッシュすることが出来なくなり、
クラッチを繋ぐことが出来なくなった、
という顛末。


またしてもミッションケース問題。

1、新品ケースを本国調達
2、中古ケースをどこからか調達
3、破損部分に補強を加えながら溶接

今回は3の方法で対応予定。

こんな細かい部分の破損、
果たして溶接で直るのだろうか…
(溶接で直すとかレースカーの領域になってきた…)

続く。