CUPステアタイロッド

IMG_6747.jpg

やっとこさ入手出来た。
マニアックなパーツ。

写真は993CUPのパーツ、
いわゆるCUPステアタイロッド
生粋のレーシングパーツだ。

今はパーツ自体の在庫もなく、
再生産の予定もないという、
手に入らない絶版パーツとなっている。
(パーツそのものの価格はそんなに高くない)


市販モデルC2に装着される純正タイロッドは、
ダンパー機能が内臓されていて、
タイヤなどからの入力や衝撃を和らげている一方で、
このダンパー機能が経年劣化の影響を受けると、
ステアリングの左右への動きをダルくしている要因ともなる。


そこで純正タイロッドをまま交換するのではなく、
より動きを掴みやすく、
より手近にコントロールしたいとすると、
このダンパー機能を潔く予め取り去ってある、
CUP用のステアタイロッドという選択に辿り着くことになる。

特に、
ハイグリップタイヤや、
Sタイヤなどの入力が強いタイヤを装着する場合は、
このタイロッドの効果はテキメン。

最終的にフィッティングしつつだが、
タイロッドエンドの部分は、
CUP用でこれまた若干角度が違う様子で、
現在C2に装着しているモノに繋ぎ込んで使用しつつ、
という可能性もありそうだ。

とりあえず、
CUP用のパーツが、
C2にままポン付け出来るという事実にかなり驚いた。