最強ラジアルRE71-Rの感触

IMG_6613.jpg

Sタイヤに匹敵するグリップとも言われる、
国内最強ラジアルタイヤと名高いRE71-R。

サーキットの早速フル荷重というワケにはいかないが、
早速峠レベルでRE71-Rをガッツリ試してきた。

ファーストインプレッションとしては、
「すごく初期からベタベタしたタイヤ」
という印象を受けた。

街中を極低速域で流していると、
路面の小石をタイヤが引っ付けて、
インナーフェンダーにカチャカチャ当たっている音が聞こえてくる。
随分と粘着質だ。


次に、
峠を走り出しみてすぐ感じるのは、
グリップを積極的に引き出そうとする走りをしなくても、
タイヤの方のメカニカルグリップが高いのか、
そう労せずグリップ走行になっているという特徴。
(いつもより上手く走らせていると勘違いする程)

正確な表現ではないかもしれないが、
「1G状態で既にグリップが発動している」
そんな感じだ。

ネオバやディレッツァは、
積極的に荷重移動をして、
タイヤを潰して初めてグリップを引き出していたが、
71Rはそんなシャカリキにならずとも、
比較的簡単にグリップを発動してくれている。


ネガがあるとすれば、
今までのハイグリップラジアルより、
かなりハーシュネスな突き上げが全般としてあること。

ロードインデックスの通り、
タイヤ剛性そのものが上がっているからなのか、
路面に接している部分自体は非常に柔らかいが、
タイヤの構造そのものは結構硬い様子。
(硬い構造で、柔らかい表面を擦り付けているのか?)


最後に、
一番驚いたのは、
大きな超高速コーナーでステアリングを切りながら、
かつアクセルを入れながらコーナーリングしていくと、
それだけで駆動輪のリアタイヤが、
グリップ発動していることを感じ取れたこと。
(911のRRというディメンションも影響しているかもしれない)

舵をきっているフロントを軸にではなく、
駆動しているリアタイヤを軸に、
コーナーリングしていくような感覚…
(実はこの感覚、RRの場合だと基本的にマズイ感じの感覚だが…)

一瞬、
アタマとカラダがこの感覚はマズいと拒否ったが、
次の瞬間フト気が付いたのは、
リアタイヤのグリップの引っ掛かりが強くなったことで、
LSDの効きが強くなったのか?
はたまた作動具合が分かり易くなったか?
(いや、ただの錯覚か、いややっぱりリアを感じた…)


タイヤライフが比較的短いと言われる71R、
確かにこの粘着質が「ずっと続く」とすれば、
表面が削られていくスピードも早いだろう。

ラジアルトップレンジにあるモデルゆえ、
玄人志向のタイヤのように評されているが、
この乗り味自体は実は広く万人向けな設計であり、
表立っては「速さ」の追求であるが、
裏テーマは「安全」の追求であるようにも見受ける。


空冷ポルシェのような、
電子制御という鎧がないクルマの場合は、
71Rのような基礎グリップな優秀なタイヤは、
明らかに運動性能を飛躍させる武器となる。

続けて購入したいと思うか、
それとも別のタイヤを購入したいと思うか、
引き続きロングタームで気長にテストしていく。