1年ぶりのタイヤ交換

IMG_6572.jpg

役目を果たしたディレッツァを外してみると、
片方の後輪に細い釘が1本キレイにブッ刺さってた…

路面にはかなり気を付けて走っているが、
1年で数千キロ走っていれば拾ってしまうものだろうか、
まぁ仕方ないと考えるべきなのか…
(それでも日本は比較的恵まれた道路環境なのだろう)


そして今回タイヤ交換に際して、
あわせてエアバルブを新調することにした。

実はこのエアバルブ
サーキットを走り始めて気になりだした部分で、
今回はちょっと拘ってみた。

ポルシェ純正エアバルブだ。

そもそもメーカーに、
指定エアバルブがあったことに驚き(笑)

今付いているロングタイプより短く、
中間部分の剛性も高く、
エアを抜いたりする時にもグラつかない。
流石だ。
オススメしたい一品。

どうやら、
バルブキャップのネジ山は、
国産用と外車用で若干ヤマの大きさが違うようで、
今まで付いていたのはどうやら国産用だった様子。
(やっとバルブキャップがきっちりハマるようになった!)


街乗りの71Rの印象は、
予想と裏腹に良い意味で全然硬くない!
ロードインデックスから占うに、
従来のハイグリップラジアルより、
全体的にゴソゴソしているのかと思ったが、
全然そんなことない。

大きな交差点に、
少し早めに進入して、
ちょいと大き目に舵をきると、
街乗りなのに結構ねっとりしてるのが伝わってくる。

近々ヤマに行って、
皮剥きがてらインプレッションしてみたい。

それにしても、
新しいタイヤはファットで、
抜群に信頼感がある!
(空冷ポルシェってホントにタイヤ依存度が高い)

計13万程度で4本交換、
従来より比較的高いモデルだが、
その乗り味や如何に!