金持ち仕様≒エクスクルーシブ!

DSC01380.jpg

たまに「!」な仕様や組み合わせに出くわす。

エンジン、駆動、シャーシ周りではなく、
主にはエクステリア、インテリアに施される、
エクスクルーシブ仕様。

諸説あったりで、
その実態と範囲は謎に包まれがちだが、
とにかく一つ言えることは、
「金持ちバブリー仕様のクルマ」
として生まれてきたと言うことだ。
(その実態は、結構なんでもござれ、と見受けられる…)


よく見かけるのは、
カーボンパッケージ仕様、
トリム周りなど至るポイントが、
カーボン化されていている仕様。
これは超ベターなエクスクルーシブ仕様。

中古でもちょこちょこ見掛けたことのある、
ファクトリーフラットノーズ
これもエクスクルーシブの部類。
(ファクトリー製と言う所がポイント!)

あとは、
ちょっとカタログ上では見掛けない、
前世代色などの外装色を纏った車両、
これもエクスクルーシブだと実現できるとか。

あとは少し派手な内装色の、
カタログ上では見掛けないコンビネーションカラー、
これもまたエクスクルーシブの証。

写真のような内装色のフルホワイト仕様なども、
普通ではまず見掛けることのない、
ハイパーなエクスクルーシブ仕様だろう。


驚くことに、
実はカタログ上にはそもそも、
ターボカブリオレ」と言うモデルは存在せず、
993ターボカブはその存在自体が、
エクスクルーシブモデルらしい…
(屋根を取り去ることがオプションであると…)


あと一度見て驚愕したのが、
ターボボディでもないのに、
リアフェンダーにダクトの穴が空けられた車両…

これはどうやらドイツ本国で、
近所のディーラーにお願いして、
予めオーダー時に穴を空けてもらったらしい…
(地元ドイツではトリッキーなオーダーも受けているらしい)


バブリーなオーナーが購入するのか、
やはりエクスクルーシブ仕様は、
タルガ、ターボなどのモデルに多く見掛ける傾向がある。

色んな意味で余裕がある人、
そして多くの人とは異なる姿を好んだ人が、
当時新車時にオーダーしたエクスクルーシブ。


深すぎる。