ビッ!と走らせる!

IMG_6260.jpg

「なぜ、ビッ!と安定しているの??」

それは…
クルマが「ビッ!」となるように走らせているのだ。


同じポルシェで、
同じようなチューンドで、
同じスピードで、
同じラインを走ってても、
なぜか膨らむと…


911のコーナーリング姿勢は、
最初がしっかり決まれば、
かなりドッシリ安定。
最初=進入時に、
勝敗はほとんど決していると言える。

特にフロント荷重がかかりづらい、
平坦な道の時には、
意図的にフロントグリップを引き出す走り、
ブレーキング意図的にフロント荷重を作る走り、
「進入時のきっかけ作り」が大事。

ブレーキングでフロントを潰しつつ、
同時に左右方向へ荷重を掛け分けるため、
ステアリングを一気に切り込む。
(一気と言っても、丁寧に横方向へ送る感じ)

同じスピードで走ってても、
クルマがアウトに膨らまないのは、
フロントグリップが発動しているのと、
コーナー外側の2輪に荷重が乗り切っているからだ。
(スピードが出てるままステアリングを切ってもクルマは曲がらない…)

路面に吸い付いているように見えるのは、
コーナー外側に荷重が掛かっていて、
クルマがロールしていながら、
タイヤが下方向に押さえ付けられているから。
(最近のレーシングカーは進化し過ぎてロールが見えない…)


最新のポルシェならスーイスイスイといくが、
比較的古いとされる911
空冷ポルシェなどはセオリー通りに転がしてやらないと、
なかなかご機嫌なコーナーリングをしてくれない。

これまた味わい深い。