アウディR8 RWS

timthumb_20180309153149ec9.jpg

これは久し振りに欲しい!
と思わせるモデル…

リア駆動、
とミッドシップレイアウト、
そしてクワトロモデルよりも安価。

安全を至上命題に掲げるアウディが、
自らのブランドシンボルであるクワトロを捨て、
ボーダーラインを良い意味で踏み越え、
クルマを操る楽しみ、
をカスタマーに提供する形となった。

正直これだけの馬力のクルマであれば、
もはやマニュアルミッションではなく、
ATの方が安全で確実に御せるだろう。

実際にクワトロモデルのR8の走りは、
まさに盤石そのもので、
富士などの高速サーキットに於いては、
非常に快適な室内が想像される。


でも何だろうか、
このアウディのラインナップに共通している、
エモーショナルな部分を感じさせないデザイン…

乗り手を挑発してくる感じもない、
ややもすると無機質とも言えるような、
近未来感ただようマテリアル感。

そう言った意味では、
ポルシェのプロダクトの挑発度合、
特にGT系はなかなかなレベルだと思う。

アウディの今後の二駆モデルに注目したい。