もっと素のカレラを愛して欲しい

porsche-911-carrera-t_171023_02.jpg

よくぞ気づいてくれたポルシェ社、
時代や環境が変わったと言えど、
我々ファナティックが何を欲しているのか、
それを今回はある種具現化してくれたと、
言っても良いのではないだろうか?


クロスしたギア比に、
MTミッション(日本はPDKのみだとか?)、
機械式デフ
省かれた遮音材、
リアシートレス、
簡素化された内装、
軽量ウィンドウ、
これらを施した911を彼らは、
「ツーリング」の頭文字「T」を冠して、
「911 T」というモデルを放った。

どうやらGT3を「ソリッド」というならば、
この911 Tは「ピュア」路線を目指したモデルのようで、
その味付けは非常に気になるところだ、
エンジンに火が入った瞬間から、
通常のC2との違いが分かるのだろう。

きっと、
この手のユーザーやニーズが世界的に多く、
それを満たす必要があると、
ポルシェが放った新モデル、
個人的にはもう少し味付けが濃くても、
全然ウェルカムである。

もっと、
もっともっと、
色々な部分を排除して、
簡素化して、
軽量化してみて欲しい。

あぁ、
それをやってしまうと、
先のGT3ツーリングパッケージと同じになってしまうのか…

ポルシェのモデルレンジ細分化は、
留まるところを知らない。

911 T、
RRモデル本来の楽しさを味合うには格好のモデルだろう。