僕たちは絶対にしない

IMG_3984.jpg

見通しの悪い小道や、
信号のない道で、
僕たちは絶対にトバさない。

普段クルマを速く走らせていると、
如何にクルマが急に止まれないか、
極低速で仮に何かに接触したとしても、
そこに結構な衝撃が発生することを、
体感的に知っている。

もし、
その見えない横道から、
人や自転車やクルマが、
突然出てきたら一体どうなってしまうのか?
想像出来ないのか、
想像しようとも思わないのか…

誤解がある言い方だが、
この手のリテラシーの低い運転は、
クルマや運転に興味のない層に多く、
車種もいわゆる大衆車に多い。
(きっとこのブログを見ている人達は違うでしょう)


夜の小道などを歩いてて、
後方からクルマが迫って来る時、
そのクルマの速さは凡そ走行音で分かる。

つい最近、
「おっ?!コレは?」と思う音が聞こえ、
自分に徐々に近づいてきて、
そのままゆっくりスルスルと小道を抜けていった。

クルマを見たら、
とっても安心して、
自分としても納得した。

黒の997カレラS。

僕たちポルシェ乗りは、
とりわけ目立つクルマという意味でも、
クルマを走らせることに情熱があるという意味でも、
少なくとも街中など人が多い場所では、
模範になるような走行を心掛けたいものだ。