気になるデフ

P1280477.jpg

デフを入れるとどうなるのか?

気になり過ぎる今日この頃(笑)

タイヤやホイールやパッドなどは、
結構情報が豊富だが、
デフ関係の情報はそんなに多くない、
なぜならデフチューンは、
極めてサーキット志向のチューンだからだ。

クルマはノーマル状態でも、
オープンデフが入っているので、
正しく言うと「機械式LSD」が気になる、
という感じか。
(最新のポルシェはPTVという可変型のLSDを搭載)

そもそもオープンデフは、
タイヤ左右に回転差を発生させて、
旋回を用意にさせてあげる機能。
車庫入れなどの切返しが容易なのは
オープンデフのお陰だ。

このオープンデフだが、
回転差を発生させることにより、
コーナーを軽快に抜けて行く、
という側面を持っており、
この部分がスポーツ走行に於いては、
一般的にはビハインドとされている。


機械式LSDは、
この左右の回転差を解消しつつ、
左右に適正なトラクションを発生させるする装置である。

機械式LSDを入れることで、
前方方向へのトラクションが増え、
クルマがより「前に進む!」という感覚が、
LSDが効いているというリアクションだ。

一方で、
左右への荷重がしっかりかけられないと、
クルマは突如曲がりにくくなる、
というデメリットもある。
とりわけRRは駆動方式は如実だろう。

左右に荷重をしっかりかけられて、
かつコーナー脱出時に、
思いっきりアクセル全開にできるサーキットなどでは、
機械式LSDはテキメン有効打となるが、
峠からワインディングレベルでは、
その効果を十二分に発揮するのは難しいと言われている。
荷重の左右への振り分けと、アクセル開度の問題)

結局どこまでいっても、
ドライブセオリーとして、
ハンドル60であればアクセル40、
ハンドル50であればアクセル50、
ハンドル40であればアクセル60、
というセオリーは変わらないとすると、
ストリートがメインの場合には、
オーバースペックなシロモノなのだろうかLSD…

それでも気になるし、
結構高価なパーツの部類、
装着するならOSTCDの予定…