世界中で100万台売れた名機

fb1c5c2585eef481900b3ae236a3e740-20170515134933.jpg

911モデルがラインオフ通算100万台。

単一モデルでこれだけの生産台数は、
世界中探しても911くらいか?

世界中で100万台のポルシェが、
今まで生まれてきて愛されてきた中、
我が青銀ポルも、
そのうちの1台/100万台と思うと、
長い歴史の中に刻まれたようで、
何だか感慨深い。

ちなみに、
千葉県の人口が約97万人なので、
千葉県民が皆1台づつ911を所有している、
なんていう規模感だったりもする。


歴代911生産台数を、
ポチポチ電卓を叩いてザックリまとめてみた。

911 約9万台
930 約18万台
964 約8万台
993 約7万台

964〜1997年まで、
33年の空冷の歴史で、
生産された台数は約42万台。


残念ながら水冷化後、
996 未発表
997 未発表
991 未発表
各モデル毎レンジ別の生産台数は、
従来のようにポルシェから公表されていない。
(ディーラーに問い合わせても答えはノー)

水冷モデルの歴史は、
1998〜2017現在まで、
この19年の間に、
アッと58万台が生産された計算だ。
なんと早いっ!

現行の水冷は年3万台ペース、
一方の空冷は年1.3万台ペース、
時代が進むにつれ生産テクノロジーは進化し、
クルマのワールドワイドセールスも進んだが、
996以後が空冷比で約3倍の成長とはスゴい。

ちなみに水冷後の58万台?
その内訳は、
フィーリングとしては…
996 20万台 
997 25万台
991 13万台
という感じだろうか?

997の、
911史上最多岐に渡ったモデル展開、
これが997のボリューム増に繋がったと推測する。


しかもその100万台のうち、
まだ70%は残存しているというではないか!

これまた推測だが、
996以降が80%残存で約42万台、
993以前は66%残存で約28万台、
計70%残存で約70万台、
こんなもんだろうか?
(もう少し空冷は少ないかもしれない…)


空冷ポルシェ欲しいという話は、
既に世界で30万程度しかないイスを取り合っている、
と考えると随分とシビアな感じがしてくる。

もちろんこの数字は、
ワールドワイド全世界の数字なので、
日本国内の空冷ポルシェの数に関しては、
圧倒的に少ない数となる…

持っている人は大事に乗りましょう、
探している人は高望みをそろそろしない。


それにしても、
100万台記念モデルのアイリッシュグリーン、
さらに窓周りのモール、
これだけでも随分と、
ナロー時代の雰囲気が蘇る。

最新モデルに、
もう少し過去モデルの味わいを、
加えてみてもいいのではないか?