最新の水冷ポルシェに思ふ

IMG_1921.jpg

特に991モデルになってから、
ズバ抜けて速くなったイメージ。


997も随分と速かったが、
991になると997のトンがりよりも、
安定感のある速さを見せ始める。
このモデル間には隔世の感があると思っている。

後ろから見てても思うし、
横で乗っててもさらに思うが、
991は結構サラッと簡単に速い。

997まではしっかりブレーキングして、
姿勢を作り込んでから進入、
そんなイメージだったが、
991になってから随分と乗用車的な乗り方で、
進入後の修正も懐が深そう。


いわゆるメカニカルグリップの、
特に前輪接地が従来の911よりも、
根本的に高そうなイメージ、
ホイールベースが長くなったせいもあるのか、
RR度合はモデルを追う毎に薄まってきている。

でも不思議なことに、
そんな新しい911は、
ファナティックたちを興覚めさせることもなく、
乗った者を虜にする魅力を十分に秘めている。

特に991GT3はロードカーの域をスッ飛ばしていて、
もはやスーパーGTそのものだし、
「破たんする」というヒリヒリ感が極めて少ない。


空冷ポルシェパイロットからすると、
その最新型の電子制御オンパレードに驚き、
各種操作が軽快なことに感動し、
その獰猛な動力性能に圧倒され、
「こりゃ欲しくなるわ…」と納得な仕上がり…

もう1台買えるなら、
NA最後となった991前期のカレラSを選びたい。
997GT3のようなエキゾーストを奏で、
なかなか刺激的なサウンドが記憶に残っている。
GT3より従来のクルマっぽい動きを感じれるだろう)


993と991GT3交換しない?!」
みたいな面白い話があって、
一瞬ヒザがグラつきかけたが、
992が出てしまえばまた所詮は霞逝く最新モデル…
(と、いう脳内処理をしてなかったことに…)

いやいや、一瞬で正気に戻ったとだけ報告しておきたい。