新型992とは?

timthumb.jpg

お次はなんと992型?!

我が青銀ポルは993型だが、
モデルコードが近すぎやしませんか?ポルシェさん?
という感じである(笑
(ということは、992型でこの系譜も一旦終わるのだろう…)

下馬評を大きく裏切り、
GT3系も含め、
そのすべてがターボ化という決断。

時代の流れと、
一言で言ってしまえば、
そこまでかもしれないが、
あまりにもその波は早く訪れた、
という感じだ。


NAの水冷エンジン」というのは、
今日現在チヤホヤされている、
「空冷エンジン」のように、
そう遠くなく、
神格化される日を迎えるのだろう。

そういった意味では、
我々一般ユーザーにとっては、
期せずも?
991前期型までのカレラ系、
991後期型のGT3系、
はある意味で、
NAの完成形の1つとなったと言える。


さて992
そのトピックスはいくつかあるが、
デビュー前なので、
いつも通り、
いくつか好き勝手言わせてもらう。

・全モデルターボ
・MMBプラットフォームの導入
エキゾーストのインターナル化
・リアウイングフルワイズ化
・エンジン搭載位置の小変更
・ハイブリット系が後半出てくるかどうか


・全モデルターボ
これは冒頭の通り。
もう「ポルシェ ターボ」、
なんていう言葉は、
昔のことになってしまうのだろう。
(いよいよモデル呼称が変わる気がする!)



・MMBプラットフォームの導入
最近のモノ造りでは必須の共通化。
VWグループとして、
アウディやランボとの、
シャシ周りの共有化は、
ポルシェにとっては、
「提供する側」に当たるのだろう、
得るモノが果たしてポルシェにあるのか?


エキゾーストのインターナル化
スパイショットによると、
リアバンパーの中でも、
以前よりも上の方のポジションから、
2本の排気口が生えてきている。
フェラーリなどの意匠を感じるが、
社外品やワンオフは、
より一層の制約を受けることになりそうだ。
(むしろイジる必要はもはやないが…)


・リアウイングフルワイズ化
従来のウイングより、
ウイング両エンドが延長され、
両エンド部分が、
ボディの端の近づいた形。
以前より「ノペッ」とした、
ちょっと空冷チックな雰囲気だ。
今回一番気になる変更であり、
このデザインは好評とヨミたい。


・エンジン搭載位置の小変更
先のRSRのMR化を受けて、
992もその煽りがあるとかないとか、
RRには違いないが、
やや搭載位置が前になるとかならないとか。

ただ、
エキゾーストのインターナル化を見るに、
タイコの位置などを考えると、
もしかしたらやや前方へ?
動いているのかもしれない…

リアウイングフルワイズ化も、
最後端の重量減した分を、
ダウンフォースで補おうとしている?
ようにも見受けられる…


・ハイブリット系が後半出てくるかどうか
911にとって、
これは避けられない道だが、
そろそろ目を背けられない、
そんなタイミングを迎えつつある。

でもきっと、
ファナティック達を頷かせるような、
そんなプロダクトが出てくる気がしてならない!
(少なくとも918は成功したモデル!)



いまから3年後の2019年に、
デビュー予定のこの992型は、
素のカレラで380馬力からスタートだ。