空冷ポルシェはお洒落に乗るべし

IMG_0374_20161028221123690.jpg

純正スピーカーをひっくり返して、
驚くのは、
3か所ともにノキア製であったこと。

もっと、
オーディオメーカーらしいものが、
インストールされているイメージだった…

先回も書いたが、
なぜかツイーターだけは、
アルパイン製に交換が施されていた。

このツイーター、
接着剤がこれでもかという程、
べっとりと付いた取り付けだったので、
前オーナーがDIYで作業したのだろう。
(そのツイーターこそ死んでたが…)


実際、
触●レスのエキゾーストが鳴り、
ソリッドのエンジンマウントで揺れ、
RSクラッチの仕様で、
スピーカーなんぞ変えて、
そんなに音響環境に変化があるのか?

と少々疑問だったが、
さすがにスピーカーの音割れに、
辟易としていたので、
ここは思い切ってトライ。

ちなみにこのスピーカー交換、
ただ交換するだけではなく、
装着に音響プロのエッセンスを加え、
施工を施すことにした。


フルバケの走り仕様だったとしても、
エアコンも快適に効き、
音楽も気持ちよく聴け、
トータルお洒落に乗るのが、
今日的な?
空冷ポルシェの楽しみ方ではなかろうか。

古いからという一言で、
元々持っている機能や能力を、
存分に感じられないのはもったいない。
どうせ空冷ポルシェに乗るならば、
そのすべてを味わうのが幸せだろう。