朽ち果てたスピーカー達

IMG_0373.jpg

乗り始めた時から、
スピーカーコンンディションは悪かった、
正味期限でいう「終わっている」状態。
音量を上げていくと音が割れてしまう。


とは言いつつ、
走りの面の修理や改善が先立って、
車内の音響改善にまで着手するのに、
何年もかかったという次第だ。

青銀ポル、
スピーカーを交換する!」である。


20数年前のスピーカー
コーンと言われる曲面で音を反響させる部分は、
これでもかという位にカピカピに乾燥していて、
もはや本来の機能を果たせていない。

写真でいうと、
上段がツイーター
中段の大きなのがフロントスピーカー
下段がリアスピーカーとなる。
(なぜかツイーターのみ社外に交換されていた)

中段のスピーカーの左側は、
外側の金属製のリングと、
コーンをつなぐゴムのような部分が、
経年劣化で朽ち果ててしまっており、
コーンに音を共鳴させること自体が出来なくなった状態。

中段右側のスピーカーは、
一見するとつなくゴム部分が残っているように見えるが、
指で軽く触るだけでボロボロと崩れてしまう…
20数年前のスピーカーはそんなコンディションなのだ。

これでも比較的、
993としてはキレイな純正スピーカーの状態らしい。