ロードスターにみる986ボクスター

file.jpg

もはや現行型ではなくなってしまった、
1つ前のロードスターに乗る機会があった。
街中ではあるものの夜中のほぼクローズドコースだったので、
多少振り回してみた感想を書いてみる。

とにかく軽い、
とにかくリアがすぐにブレイク、
とにかく小さく狭い。

これらが全て良い方向に作用していて、
クルマの全容を把握しやすく、
コントロールが容易であり、
いわゆる1トン程度の物体を、
人間という生物が支配下に置くには、
やはり最適なパッケージングと感じられた。
人馬一体とはナイスネーミングであったと改めて唸りたい。

AE86を残念ながら運転したことがないので分からないが、
やはり車重が軽いクルマというのは、
何物にも勝る面白さと速さがあり、
重量下で活動する我々にとっては素直さと自由さがある。
ちなみにAE86は今や市販車では度胆の0.9トンだ。

新型のロードスターが1.0トン程度でリリースされたところをみるに、
マツダは車重増加傾向にあるこの時代に於いても、
1.0トンを一つのベンチマークに新型を作ってきたことになる。
スポーツカー造りへの信念を感じる。
残念ながら86/BRZは1.2トンという現状だ。

もちろん走るステージや使い方、
スピードレンジに於いて、
全てにおいて軽量車が勝るわけではないが、
面白さのハードルが常に低いのはどこまでいっても、
軽いクルマに分があることに違いはない。

ロードスターやAE86のような軽量車は、
自ずと出力も小馬力傾向にあり、
思想設計上の本来的な面白さを見せるのはやはり100キロまでの、
スピードレンジなのではないだろうか。

この100キロ未満の面白さに気付けなくなってしまったことには、
頭文字Dのような日本の峠文化の衰退や、
ジムカーナ競技が衰退しつつあることが非常に大きいと思われる。
何もスピードが全てではなく、
70キロ程度でもロードスターのようなクルマは十二分に肉汁が溢れ出てくる、
そんなクルマである。
近頃そういう味わい方が減りつつあるのは非常にもったいない。

免許を取ったらまずロードスター
その後に、
やりたいことや方向性が決まったら、
各々駆動方式や馬力や車重やデザインを鑑みて、
セレクトに入っていけばいい。

このロードスター的な思考を非常に大事にしていて、
最近他のスポーツカーからの乗り換えによる、
初ポルシェ購入の相談を受けることが度々あり、
そのたびに986ボクスターを丁寧に説明してレコメンドしている。
ちなみに車重は1.2トン強だ。

20年近く前のクルマにはなるが、
その作りや挙動は明らかにBMWやメルセデスのスポーツカーと一線を画しており、
ルーフの稼働問題と、
全体的なメンテナンス問題をクリアすれば、
今日現在も恐ろしくコストパフォーマンスの高いドッグファイト戦闘機となる。
(個人的にはネオバにフルエアロに直管マフラーとかが理想…)

もちろん987はおろか981ボクスターとはもはや隔世の感があるものの、
981をF22にすれば、
987はF18、
986はF4くらい古いが、
明らかに今日現在でも立派な殺傷能力を持った兵器である。

軽量小型なF4の機動力というのは、
明らかに有利な点が多くあり、
パイロット次第では驚く動きを見せることは変わりない。
そんな面白さが986ボクスターには詰まっている。
本当にもったいない。

986ボクスターは近年のポルシェラインナップ史上で最軽量の戦闘機であり、
2015年現在に於いてはあらゆるハードルが低く、
かつ楽しさのハードルが低いモデルである。

996GT3を筆頭に、
996GT3RSのようなスペチアーレモデルや、
996カレラのMTモデルがホットと取り沙汰されているが、
今一番アツいのは986ボクスターであると自信を持ってオススメしたい。
こいつがサイズ的にも軽さ的にも一番ハートを鷲掴むはずだ。