ケイマンGT4降臨!

IMG_9506.jpg

レーシングイエローケイマンGT4
ついに納車となった。

明らかに、
ディーラーで並ぶ、
他のどのクルマよりも、
その立ち姿にオーラがある。
生まれ持った素質と言うべきか。

日本の車検対応に合わせた、
リアフェンダーのエクステンション、
超大口径のブレーキローター、
高々と掲げられたGTウイング、
どれを取ってもフツウじゃない雰囲気。

武闘派のイメージが強いが、
車内の至る所にアルカンターラが使われており、
その雰囲気は実際随分とラグジュアリー志向。
オプションのカーボンバケットシートは、
近くで見るとそのクオリティの高さが光る。


最近のポルシェの新車、
どうやら「慣らし」は、
基本的に要らないらしい。
(いきなりブッ放しても問題はないように出来ている)

昔はオキマリだった慣らし運転
もはやするしないは、
ある種「好みの領域」、
の類になりつつあるのか。
(昔は「ナラシ中」とか貼ってた)

エンジンはベンチである程度回し済としても、
サスペンションスプリング
ブレーキタイヤなどは、
ある程度走行した後に、
最適な機能が発揮出来るようになるので、
クルマと対話しながら、
少しづつその感触を確かめる、
という行為はこの上なく楽しい。
(それでも新車はこのナラシの儀式がしたくなる)


ケイマンGT4
生憎の天気で全開に出来なかったが、
ノーマルモードでも、
明らかに挙動の1つ1つが、
レーシングライクなピッチングで、
既に素のケイマンとは隔世の感。

コイツはスゴそうだ…


ちなみに純正タイヤダンロップ
SP SPORTS MAXX 050+が採用されている。
これもまた気になるところだ。