エンジンマウントリジット化

IMG_4276 (1)

フルノーマルから、
色々チューニングしてきたが、
青銀ポル993に於いて、
数あるパーツの中で、
最も体感効果が優れていたパーツは、
「エンジンリジットマウント

もうこれ間違いなし。


純正の、
エンジンマウントは、
ボデイ最後部の左右に2つ、
粘性流体封入型という、
いわゆる液体が入った緩衝装置が、
噛まされている。

これが経年劣化してくると、
本来の機能を果たさなくなってくる。
そもそも純正のマウントは、
衝撃を干渉する機能を持っている都合、
軟らか目となっている。

ゆえに、
クルマの中で最も重量のある、
エンジン部分が、
初期動作に於いて、
少しでもダルい動きを伴うと、
クルマ全体がダルい動きとなってしまう…


そんな時に、
リジットマウント化すると、
とりわけRRというディメンション上、
その体感効果は絶大となる。

旋回モード時の、
振り出しの際に、
ヘタった純正仕様の時は、
ワンテンポ遅れて旋回を開始するが、
リジット仕様だとスパッと、
そのまま旋回を開始する。


振動の大きい空冷エンジンゆえに、
リジット化すると、
回転上昇の振動と、
ボディがシンクロした振動をして、
クルマの鼓動がより一層掴みやすく、
またドライバーを刺激する。

一度装着してしまうと、
その有難味を忘れがちだが、
もしかすると、
ステアリングよりシートより車高調より、
このエンジンマウントリジット化が、
一番手っ取り早く、
クルマの動きを把握するには必要かもしれない。
(「RR」×「20年前の中古」でより一層その存在感は際立つ…)

ちなみに装着したのはアメリカRennline製。


サブフレームリジット化すると、
随分と動力性能にハッキリと表われるらしく、
こちらも虎視眈々と検討中。