ディレッツァZ3と空冷ポルシェの相性

セッティングもひと段落して、色々な天候と、シチュエーションを走り、ディレッツァZ3の姿が見えてきた。ストリート~峠レベルなので、サーキットのフルグリップ状態ではない、ということを付け加えておきたい。インプレッションとしては、「優しい」「懐が広い」「ズルズルとグリップ発動」といった印象だ。タイヤインプレッションは、ドライバーやマシンのそれぞれで、千差万別で「必ず」はあり得ないが、空冷ポルシェ乗りであ...

HIDどうする?

PIAAのイエローフォグ装着で、前方視界は随分と攻撃的になった。一方で実質視界を確保するには、フォグではやはり足りない。そうなってくると、やはりヘッドライトのチューンとなる。現状はクルーズ製のHID、ケルビンは5~6000程度と思われるが、いまひとつ照射の「束感」「パワー感」が弱い。一方で、特筆すべきは不具合が全くないということだろう。HIDとして信頼度は高いと評価できる。2000年に入ったあたり...

究極の911解脱クルマ

隣のクルマを気にしながら乗り込む、それぐらい幅広のボディだ。ブラックのボディは威圧的だが、内装色のブラックと相まって、まさしく「品があるな」という感じ。(サンドカラーでないのが敢えてシブい)乗り込みは911と随分違い、着座ポイントが低くなくイージーアクセス。さすがサルーンという感じだ。ボンネットからして、かなり前方の視界が悪いかと思いきや、乗り込んでしまうとまったく気にならず、サイドミラーが映す領...

最新鋭攻撃型サルーン

前から気になってはいたが、その戦闘力を、傍から見ているだけだったパナメーラ。試乗を希望したら、なんと現行最上位のターボモデルが出てきた!カタログ約2500万で、オプション込みで余裕の3000万越えの、超セレブ仕様といったところだ。(一生縁のないレンジのモデル…)ポルシェが作る、最新鋭攻撃型サルーンとは如何に…写真は、左が新型となる。まずもって、パナメーラは2010年に初代がデビューし、2016年~2...

どうだ!ディレッツァZ3

気温も上がってきて、クルマ好きにとっては、これから梅雨までの1ヶ月位は、ハイシーズン到来。いつも通りふらっと訪れた大黒に、同じ993が停まっていたりすると、ちょっとした運命を感じてしまうものだ。同じC2でも、色や装備が異なると、これだけ雰囲気が異なるのは、ホントに911マジック。所有者の写し鏡のような911、人の911を見させてもらうのは千差万別楽しい。ちなみにこちらは、ブレーキ周りをRSに換装し...

タイヤにフェンダーを被せたかった

週末にタイヤ交換を完了したが、土日ともに雨模様で、ポテンシャルを確かめるには至らず…皮剥きはリアのみ完了したが、フロントはまだと言った感じ。下記インプレッションは、4分ヤマのネオバからの交換、ということでメモしておきたい。(グリップのインプレッションはまた後日!)新品なので、まずは全体がかなりファットで、信頼感のある感じに回復。(サーキットで爛れたネオバは後半硬かった)ファット?というか、正しくは...

トヨタ86と同じダッシュ力だけど

200馬力弱のS204、ステーションワゴンのガタイで、スポーツカーを追っかけてみる。トヨタ86の、200馬力程度のクルマであれば、引けを取らず同等の加速を見せる。(あとは気持ちのオシがドコまで行けるか…)それにしても、最近のクルマの200馬力は、数値以上に体感馬力が出ている。(特にSモードは風情なく端的に速い!)実際、200馬力程度だと、フラットアウトしても、●00キロ以降の加速はかなり鈍く、最終的...