空冷ポルシェ中古車動向

久し振りに中古市場を覗いてみた。検索条件を…・ポルシェ911・~1998年・~MTにすると179台!ん?一時期より台数が結構多いような…98年までに絞ると、ほぼほぼ空冷のみということになる。価格上位から見ていくことにしよう。(ASK除きで価格が開示されている車輌のみ…)①2400万 964RS 8万キロ ②2300万 993ターボ 5万キロ③2300万 993ターボ 走行不明④1900万 993ターボ ...

頭文字Dの聖地 秋名山

お気に入りドライブスポットシリーズ。榛名湖は、群馬県の榛名山。高崎の少し上で、伊香保温泉を抜けた所。頭文字Dで一躍有名になった、通称「秋名山」である。実際のコースは随分とタイトで、Rがキツいコーナーが多く、高低差もなかなか大きい。イニDのような走りは、やはりマンガの世界の話なのか?頂上近くストレートは随分長く、メロディラインにもなっている。景色の抜けもよく気持ちがいい。秋名山頂上の、給水塔があるス...

祝パナメーラ シューティングブレーク

パナメーラって嫌いじゃない。気になるか、気にならないか、でいったら間違いなく気になる。カイエンやマカンより、ずっとパナメーラの方が気になる。とりわけ、GTSなどは、レーシングライクな、ピリリとした一面も持ち合わせており、十二分守備範囲に入る。アクセルオフでバリバリ系だ。でも…総じてパナメーラ、「えらいダサいな」というのが正直なところで、なかなか触手が伸びない。(とりわけ標準車の話…)そんなパナメーラ...

そのクルマは官能的か?

ケイマンGT4って、その後どうなった?ってよく聞かれ,改めてGT4の人気と注目具合に驚く。安心して下さい、予定通り8月末に納車ですから。ちなみに、ティザー情報としては、「左ハンドル」「スピードイエロー」「カーボンバケットシート」という組み合わせ。納車日は、触媒レス爆音仕様の993で、ディーラーに乗り込み、華を添えたい。街中やサーキットで、よく見かけるようになったGT4に、実は意外なことを発見した。...

ブイシーな911を目指して

下手をすると、下手をしてしまうのが、空冷ポルシェのモディファイ。いわゆる、「オシャレ」や「シブイ」の、スイートスポットが狭い。モディファイの塩梅と中庸が難しいのだ。ちなみに狙っているのは、「シブイ」のゾーン。今回ボディ3面にステッカーを施工。 同じ993乗りの方に作成して頂いた。リア面は既に、ウィンドウ上部に施工済なので、その他の3面に施工、これも拘りたい大事なポイント。(施工は1点モノなのでプロ...

激変エアロチューン

市販車のようなノーマルエアロで、ダウンフォースを発生させるのは難しい。仮にさせようとも、それなりの速度域に乗せないと、ダウンフォースはなかなか得られない。(場合によってはリフトが始まる…)そこで登場するのが、ウイングなどをはじめとした、エアロチューンだ。一般的に、速度を上げていくと、通常は不安感が増していくが、速度と反比例する形で、安心感が増していくのは、ダウンフォースの不思議な感覚。このダウンフ...

時を越えるブラックインテリア

今時のポルシェの、かっこいいインテリアカラーといえば、ルクソールベージュや、ボルドーレッド、これぞ「ざ・高級車」という感じ。続いてサドルタンや、グラファイトブルーあたりだろうか。しかも最近はツートンカラーも選べたりと、インテリアの質感は、ますます高まっている。例えばレッドのインテリアカラーが、モデルやグレードによって、選べないというのは、ポルシェのよく出来た仕組みで、相変わらずカスタマー泣かせだ。...

勝手に加速するクルマ

テスラのモデルXが、意図していない加速をしたとか、してないとか…この手のニュースはこれから増えそう。何とかセンサーや、何とかコントロールがあると、人はそれを使って、頼りたくなる。クルーズコントロールも、自動ブレーキも、レーンアシストも、リアビークルモニタシステムも、自動駐車機能も…どの機能も、少し前までは、人がコントロールもしくは、支配下に置くことによって、平然と成し遂げられていたことに、自動化の魔...

たかがミラーされどミラー

空冷ポルシェに乗り始めた頃、純正ステアリングの、センター付近のダルさにも、随分と驚いたが、サイドミラーの、レンズの視野の狭さにも随分と驚いた。「視野が狭い」、というより、随分と「後方の視界を写し出す」、という印象。20年前のレンズってこんな感じだったのか、はたまた邪推をすると、これまたドイツというアウトバーンのような、超高速走行を前提とした環境下での、ポルシェ社による、最適デザインなのだろうか?今...

ブレーキが効かない

やっぱり効かない、なんでだろう、パッド残量も目視出来るし、エア抜きもしたのに…困ってた矢先、1000キロ程使用した、パッドを譲って下さるという話が…同じく993C2の乗られている方で、しかも次期装着予定だったENDLESSの、MX72とのこと。非常に有難いお話。早速、使用していたパッドを取り外してみると、やはりというか、どうやら装着していたパッドは、熱によってフェード変質していた様子。写真の白っちゃ...

空冷の香りを感じさせる996型

サイドミラーに映るその996は、リアフェンダーにエアスクープを彫り込み、その存在感を一層際立たせている。997ターボとは一線を画する、今となっては細身のまとまったボディスタイル、名機996ターボ。見よギッシリとしたこのカタマリ感を。996は、前期型は1997年~デリバリー開始、後期型は2002年~2004年となっている。前期型に関しては、993のデリバリー末期と重なり、凡そ20年前のクルマとなり、...

エアコン修理は順延

もはや夏っぽい日も出てきて、気温が高くなってくると、タイヤの空気圧も随分と高目に出てくる。マメに調整しててもやっぱり、突っ張った感じがどうしても嫌いで小まめに抜いたり。続・エアコンの話。延期より、順延という方が正しいので、エアコン修理は順延。(多分早々に修理することとなるが…)なんと、実は、いま、絶賛、「冷たい空気」が送風口から出るのだ。それもしっかりときっちり冷えてる空気が。事故の修理で、諸々の...