日産GTR 17年モデル

日本を代表するリアルスーパーカー、日産GTRは、イヤーモデル制を導入しているので、ほぼ毎年モデル改良を施している。今回はGTRの話。17年モデルは、極めて前向きに言えば「オシイ!」。今までGTRは、その動力性能は申し分ないが、内装が陳腐過ぎて話にならず…これは日本を、世界を代表するスーパーカーか?と疑いたくなるような、インテリアデザインだった。それが今回の17年モデルは、大幅に改良されたと見たが、...

「赤い彗星」991後期

関東某ディーラーに当日電話をして、当日快く乗せて頂いた、初見にも関わらず厚遇を頂き感謝。青銀ポル修理中につきはからずも、ポロでの仮面試乗という形となった。デニムにパーカーという軽装で行ったのだが、さすがにアルパインスターズのレーシングシューズを見られ、「あの…もしかして…」ということで、すぐに素性はバレる。もちろん試乗車はPDK想定だったが、「ポルシェに乗る時は」という、自分自身の中での最低限の「正...

未亡人製造機GT2

991後期モデルに、GT2モデルがリリースされるらしい。またしてもエポックなモデルの誕生だ。未亡人製造機として名高いポルシェGT2。「GT2は本当に未亡人製造機なのだろうか?」今回はGT2モデルの話。その歴史からを振り返ってみる…まず、我が青銀ポル993世代にGT2モデルは在る。993GT2である、ル・マン参戦を念頭に、世界で200台程度が生産されたようだ。随分とスペチアーレな台数…ここでいうGT2...

997T前期のMTが見せる面影

今回の911モデルチェンジは、現911ユーザー以外の人も、各PCに行って試乗している様子。人気だ。従来の自然吸気カレラモデルが、ターボを標準装備というレボリューションが、世の中に与えたインパクトの大きさを改めて感じる。長い911の歴史は、いくつもの転換点があり、レボリューションがあった。・空冷エンジンの終焉(~空冷)・ドライサンプの終焉(~空冷、水冷スペチアーレ系を除く)・GT1ブロックの終焉(9...

いつ987ケイマンはゲタ車化するか

実は、一度クルマのボディメイクが完了して、戻ってきたのだが、やり直しというか「もう一度」コースとなり、納期が1ヶ月延長となった…復帰は4月に持ち越しとなった。具体的にはボディ修正というよりは塗装の部分だ。もちろん一般的なクオリティは満たしていたが、色んな意味で、厳しい目で見てのリトライとなった、「完璧な仕上がり」に期待して欲しい。いま、銀座のミツワのショールームには、派手な997C2と、アークティッ...

13号地

少し前までは、今でいう臨海副都心ランプの名称は、「13号地」だった。名前の通り、13番目の埋め立て地として、港区台場あたりが該当していたことで、13号地と相成ったわけだ。大黒から飛び立って、工場群の灯りと煙を真っ直ぐ走り抜け、羽田空港下のオレンジトンネルを通り抜け、品川の大きな右カーブにへばり付き、大井の長いストレートを駆け抜け、東京港トンネルを駆け上がると、右手に13号地ランプ…今でいう臨海副都...

JZA80スープラ

この前スーパーの駐車場で、ノーマルのJZA80が停まっていた。久し振りにしげしげと、足を止めて見つめてしまった…国産で一番最初に欲しかったクルマ、トヨタ スープラRZの話。写真はスープラと言えば有名な織戸選手の、リドックスエアロを纏ったチューニングスープラ。(ため息が出るほどカッコイイ仕上がり…)デビュー当時は、あのズングリとした肢体が随分と大きく見えたが、今日現在見てみると、そう大きくも見えないの...

まもなくケイマンGT4生産終了

関東圏のポルシェディーラーに行ってきた。ボクスターか911でも、気まぐれお忍び試乗しようと思ったが、直前に雨が降ってきたので断念。(まぁモデルチェンジ前の試乗で怪しいし…)というわけで、ケイマンGT4の最新の発注・納車状況をヒアリングしてきた。さすがに1000万クラスの超お得車とだけあって、911Rより話題のバリューは圧倒的に高い。お届けしよう。まず、供給は未だに追いついてない状況で、各店舗でいわ...

チタン製ヒートエクスチェンジャー

備忘録に先回のTWSとネオバのスペックを記載。■タイヤアドバンネオバAD08RF:225/40-18R:265/35-18■ホイールTWS T66F(グロスガンメタ)F:8.5J-18 INSET48R:10.0J-18 INSET60今回は修理から仕上がってきた、ボルケーノのエキマニの話。とにかく「超絶軽い」の一言である。元々がフルチタンのエキマニなので、軽いのは間違いないのだが、それにヒートエクスチェ...

超軽量鍛造TWS到着

実は事故当時装着していたタイヤは、まだ装着してそんなに時間が経っていない状態だった。もともとは衝突した左側2本のみの交換予定で、ホイールも従来装着のワーク2本を直すないしは、2本のみ発注する予定だった。このワークのホイールは、定番デザインと別注カラーの組み合わせて、各方面からお褒めを頂いていた自慢のパーツだった。ただこの片側2本交換が精神的に気になってしまったのが発端…なのでこれを期に、「走り」の...

GT3RS4.0にみる911R

ついに噂の911R登場。なんと1967以来のモデル復帰。Rモデル生誕50周年を記念するモデルという位置づけで、限定991台の生産。(911台じゃないんだ…)ここにまたスペチアーレなポルシェが、お生まれになったというわけだが、日本には一体何台導入されるのやら、予約スタートの今日は注文入れたとか界隈で盛り上がってるが、ほぼ関係ないでしょう皆さま(笑)(ちなみにPC青山でも右Hのみのようで…)(とは言え明...