ミッションOH

ミッション降ろしてバラしたついで、オーバーホールも合わせて実施。(結果的には予期せぬミッションOHとなった)ミッションのオーバーホールは、エンジンのオーバーホールとは異なり、内部で爆発・燃焼などが起きていないので、基本的には分解〜洗浄でパーツを再使用出来る。青銀ポルの走行距離自体は8万キロだが、途中でミッションの載せ替えをしており、かつ載せ替えたミッションが低走行だったので、ミッション自体の積算距離...

ブリッジアダプターリレー

第1章はこちらから。エンジンルーム改革 第2章は、エンジンルーム向かって左側、ヒーターブロアの撤去と、ヒーターバイパスダクトの取り付けだ。ちなみに最初に書いておくと、これは走行性能には影響が一切ないチューンで、完全な見た目追求のチューンということ、断っておく。ヒータブロア一式を取り去ると、ブロア本来の暖房吐き出し機能が弱くなるので、走行風に応じた弱〜い暖房しか吐き出せなくなる。それを解決するのが、写...

993ターボを駆る

最初に結論を書いておくと、C2とは全く別物と割り切った方がイイ。全くもって、別物である。いつの時代も、世代の頂点に君臨するターボ、ある意味でその世代の象徴であり、完成形でもあるターボ。993ターボは、初のAWD機構を取り入れたターボ、初のツインターボシステムを導入したターボ、そして空冷エンジンとしては最後となったターボ、この先のターボ史の中で、明らかにエポックな1台として語り継がれていく993ターボ。そんなメ...

CUPステアリング

この前のステアリング思案の続き。また、先回のタイロッドの流れを受けると、ここ最近CUPヅいているように見えるが、凡そ間違いでもない…当初入手しようとしたのは、993CUPのステアリングだったが、既に絶版となっており、色々探し回った結果、ステアリングセンター部分に、イエローの帯があるかないかの違いで、996CUP用のステアリングを入手することが出来た。(964/993/996と同じハンドルモデル)バックスキンモデルは初だが、...

最適姿勢までの短縮

写真はフロントタイヤハウス内の、カップステアタイロッド。イエローのマークが付いている部分から奥がタイロッド、ピンクのマークが付いている部分から手前がタイロッドエンド。(エンド部分は車高などの都合で純正C2用を繋ぎ込んで再使用)青銀ポルの駐車場タイプは、ツルツルな鉄板に乗っかるリフト形式。ハイグリップタイヤを履いていると、「ギュリギュリ」と音がする。(なんとなくイメージが付くだろうか)カップステアを入...

金持ち仕様≒エクスクルーシブ!

たまに「!」な仕様や組み合わせに出くわす。エンジン、駆動、シャーシ周りではなく、主にはエクステリア、インテリアに施される、エクスクルーシブ仕様。諸説あったりで、その実態と範囲は謎に包まれがちだが、とにかく一つ言えることは、「金持ちバブリー仕様のクルマ」として生まれてきたと言うことだ。(その実態は、結構なんでもござれ、と見受けられる…)よく見かけるのは、カーボンパッケージ仕様、トリム周りなど至るポイ...

デスビOH

デスビデスビって、正しくはディストリビューター。点火装置の部品で、イグニッションコイルから来た高圧電流を、各エンジン気筒に点火を分配する装置、という理解で良いだろう。964から、ツインプラグ化され、このディストリビューターも2つのツイン対応となり、インテーク側とエキゾースト側の2つ。インテーク側の動力をベルトを介して、エキゾースト側にも伝えて両方を駆動させている。(だからプラグも6気筒×2本ということに)...

GT2はなぜ未亡人製造機なのか

NEW911 GT2 RS、ニュルタイム6分47秒、平均時速は180キロ台、これはポルシェ918スパイダーを、10秒近く上回るタイムだ。最高出力はなんと700馬力に到達し、580馬力のターボS、ターボSエクスクルーシブの607馬力を、遥か後方に置き去りにした設定。常勝を命題としたポルシェとしては、このパワーウォーズを征することも、これまた必然的に求められることではあるが、もはやランボルギーニで言ったら、「LP700」ということである(笑...

存分にデフとタイヤを味わう

久しぶりのサーキットで2つを試してきた。1つはデフ、1つはタイヤ。まずはデフ。デフはOS技研のTCD。クローズドコースで、荷重を目一杯かけてコーナーリングをすると、デフの恩恵はやはり大きいと実感。想像通り、コーナーリングが以前より、ややラクというか、機械の力を借りて曲がるというか、無理やりではなく、いわゆる「デフを使って曲がる」という感じ。コーナーリング姿勢が安定して、かつ狙った姿勢が継続できるし、ちょっ...

エンジン降ろす?降ろさない?

結果としては…左右タペットカバー、左右チェーンケースカバー、の両方からオイル漏れという結果。ただ漏れの量的には、チェーンケースカバーはしばし目を背けられそうなので、今回は作業が簡易なタペットカバーのみ交換で応急処置。ちなみに、993の場合はタペットカバーではなく、正しくはエキゾーストヘッドカバーと言う。実は、2-3週間位前から、ヒーターを入れると、ロウのような匂い?時には焦げたような匂い?が入り込むので...

TIPに見るPDKの幻影

久し振りに993TIPに乗ってみたら、すごく好感触で、いくつか新しいことが発見出来た。以前、964TIPのRHDに乗った際には、そのブレーキペダルのオフセット具合に、非常に驚いたことを覚えている。右前方のタイヤハウスを避けるため、ブレーキが有り得ない程中央へ、左側にオフセットされており、カラダを少しヨジらないと、ブレーキペダルに足を落とせなかった。(その他、コンディションも悪い個体だった…)今回は993TIPはLHDなの...

モデル毎に異なるブレーキ装置

ポルシェって奥が深い。同じ993モデルの中でも、グレード毎にブレーキ装置がやや異なる。ここでいうブレーキ装置とは、目に見えるキャリパーやローターではなく、いわゆる倍力装置の部分の話だ。C2系はいわゆるサーボ装置で、一般的な自動車に用いられる仕組みで、簡易的かつ原始的な機構のため、多少の故障があっても制動は可能だが、エンジンの吸気圧などにより制動は微妙に影響を受ける。一方で、C2系以外のいわゆる上位モデル...

最高峰に普遍性を与えてみた

991型後期GT3でツーリングパッケージが登場。従来のGT3の象徴でもあったGTウイングや、アルカンターラハンドル、フルバケットシートを避けた形で、996、997、991と続いてきたGT3系譜としては、「新しい形」でのユーザー提供となった。やはり、いつも通りのポルシェらしい展開だな、と思わせてしまうのは、先に超限定車でリリースされた911Rに、ウイングレスなエアロや、6速ミッションを搭載している点が、極めて似ているということ...

再発!TBK湾岸バンパー病

また良くない病気が…これが気になりはじめてしまった。現状のエアロは、オールRSストリートスタイルで完成にある中、これが必要なのかどうなのかと聞かれると、全く必要ないとは思うが…そもそもこの型のバンパーが好きだし、周りに装着している人もいないので、やっぱりチャレンジしてみたい!(993用は現在基本的にセールスされてはいない状態)数年前は、ヒナ型がなかったってことだったが、最近どんな状況なのか改めて問い合わ...

シンガーが今度は4L空冷エンジン作ったってよって話

F1参戦経験のある、コンストラクター英ウィリアムス。齢80を超えた、ポルシェ開発の祖独ハンス・メツガー。そして、空冷リボーンリストのシンガー社。(既にオフィシャルHPにもデカデカと掲載されている)何より嬉しいのは、空冷ポルシェオーナーとして、この先もどうにかこうにかすれば、空冷形式で稼働するエンジンに希望があるということ。ボディだけでも持っておくべし。(RB26のTOMEIエンジンのような!)それにしても、4リッ...

青銀ポル緊急着陸を試みる

(写真を見るとネタバレだが…)いつものヤマに向かって快調に高速を走行。高速を降りる長い最後のトンネルで、1つシフトダウンして、高音の排気音を浴びながら酔いしれる、空冷ポルシェでもこんな高音が鳴るのだと…「気持ちいいぃ…」高負荷域でもう一度アクセルを煽ると…「気持ちいぃぃぃ…っあっ!?」「!!!」しらーっとした空気感と共に、インジケーターに「!」マークが点灯。「なっ?」速度は100キロ台中盤で、幸運にも前方...

これが調律された空冷ポルシェだ

真夏の早朝、近所に気を使いながらイグニッションを廻す。時間は早いが陽は既に登っていて、日差しはそこまで強くないが空気は十分暑い。エアチェックを施し、到着地で温間2.2位を狙って設定。夏休み渋滞に引っかからぬよう、時計を気にしながら道中を足早に走り抜ける。やはり交通量が多い。(クーラーは直して良かったと改めて思う)山に到着すると、タイヤはベース良い感じに温まっている、一気にそのまま駆け上る。コーナーを1...

マカンに乗ってきた感想

今更ながらマカンに乗ってみた。結論からすると、Q5よりは各部の挙動がソリッド化されていて、いわゆる「ポルシェらしい」テイストにはなっているが、その意図的な「味付け」感が強く、個人的にはあまり惹かれなかった。試乗車はマカンSで、走行2万キロ中盤で、試乗としてはなかなかリアル感がある車両だった。(少しクタびれている位がポテンシャルを知るには丁度良い)外観は前方から見ると随分大きく感じるが、後方に回るとキュ...

続・LSDインプレッション

「とってもいい」総じて以前より、「ロスがない」と言った印象を受ける。かつダイレクト感が増したような感覚。やはり、加速性能自体も、ダイレクト感が増しているせいか、以前より体感的には速い。肝心のコーナーリングに関しては、コーナリングフォースがかかる外輪の駆動力が、以前よりも明確に感じられ、アクセルコントロール次第で、掻き具合を出したり引いたりできる。正直、アクセルをかなりの開度で開けた際の挙動は、まだ...

変わらぬRRのドライブセオリー

やはり、最新のポルシェには乗った方が良い。特に991型や982型に。速い、安全、楽しい、が間違いない。冒頭、「に」ではなく、「には」である…コクピットに収まって、エンジンを始動するだけ伝わるフロア剛性の確かさ。ステアリングを切れば路面コンタクトも強烈な剛腕さ。アクセルペダルを押し込めば、大気を揺らして届く咆哮が脳内をどうにかしようとしてくる。遊園地のアトラクションのようなカタパルトダッシュ。ブレー...

塗るならラズベリーレッドM

993のみならず、歴代空冷モデルを並べてみると、ヤレている車両とそうでない車両の差が結構見えてくる。目に見える部分の話で、主には外装と内装のコンディションに関して。この話のポイントは、そのヤレ具合が、古い=ヤレている、ではないということである。主には、使用場所と使用用途、この2つが車両のヤレ具合に影響しているだろう。パッと見で、塗装コンディションが悪いクルマは、青空駐車が長いクルマのようで、塗装表面だ...

究極の911解脱クルマ

隣のクルマを気にしながら乗り込む、それぐらい幅広のボディだ。ブラックのボディは威圧的だが、内装色のブラックと相まって、まさしく「品があるな」という感じ。(サンドカラーでないのが敢えてシブい)乗り込みは911と随分違い、着座ポイントが低くなくイージーアクセス。さすがサルーンという感じだ。ボンネットからして、かなり前方の視界が悪いかと思いきや、乗り込んでしまうとまったく気にならず、サイドミラーが映す領...

どうだ!ディレッツァZ3

気温も上がってきて、クルマ好きにとっては、これから梅雨までの1ヶ月位は、ハイシーズン到来。いつも通りふらっと訪れた大黒に、同じ993が停まっていたりすると、ちょっとした運命を感じてしまうものだ。同じC2でも、色や装備が異なると、これだけ雰囲気が異なるのは、ホントに911マジック。所有者の写し鏡のような911、人の911を見させてもらうのは千差万別楽しい。ちなみにこちらは、ブレーキ周りをRSに換装し...

ハイグリップタイヤに依存する空冷ポルシェ

空冷ポルシェは、タイヤのグリップが低下すると、突如として精彩を欠く…ABS以外の電子機器を持たず、最新のクルマに負けず劣らずの、運動性能を見せる一方で、RR故か「タイヤへの依存度」が極めて高い。(最近のクルマは結構ゴマカシが効く…)ヨコハマのネオバ。使用率50%位の時に、1つの変化をまず感じた。グリップの立ち上がりが手前に来て、かつフィールが手近で分かり易いかも?という印象。しかしながら、このゾーン...

993が我が家に来た日

ドラえもんのようなタイトルだが、少しだけ振り返ってみる。何が言いたいかというと…空冷ポルシェをフルノーマルで買ってきたら、最初はえらくショッキングな状態だが、必要最低限のメソッドを施せば、極めて鋭い切れ味を魅せる、という話。新車の987Bを潔く1年で売り、当時15年落ちの993に乗り替えた。クルマ屋から帰る道中、高鳴る気持ちを抑えつつも、初めての911に興奮は収まらない…当時青銀ポルは、フルノーマル...

消え去る空冷ポルシェ達

物凄い勢いで、国内の空冷ポルシェが、海外へ飛び出していってる。それも、平凡なモデルだけではなく、スペチアーレクラスも、バンバン出ていってるのだ。某中古車屋には、アークティックシルバーの、993ターボSが2台もあったが、いずれも既に海を渡る運命にあるとかないとか。(国内で待った!がかかることを祈るのみ…)国内に数える程しかいかいない、993ターボSが、一気に2台飛び出ていくという勢い、これが実情だ。...

新型992とは?

お次はなんと992型?!我が青銀ポルは993型だが、モデルコードが近すぎやしませんか?ポルシェさん?という感じである(笑(ということは、992型でこの系譜も一旦終わるのだろう…)下馬評を大きく裏切り、GT3系も含め、そのすべてがターボ化という決断。時代の流れと、一言で言ってしまえば、そこまでかもしれないが、あまりにもその波は早く訪れた、という感じだ。「NAの水冷エンジン」というのは、今日現在チヤホ...

記録簿はマイアルバム

ディーラーメンテだと、購入時の取説冊子と一緒に、メンテナンス手帳が付帯し、そこにオイル交換や、消耗品の交換が記載されていく。このメンテナンス手帳の、記録累積がいわゆる、「記録簿あり」に該当し、中古車の取引では重宝されている。一方で、生産から20年近く経ったクルマや、ディーラー以外でメンテを受けるクルマ、は購入時のメンテナンス手帳への記載、というのは実際なかなか難しい。しかしながら、我が青銀ポル、い...

インディビジュアルになる996

時代の王、ポルシェターボ。そのモデル毎に存在した王は、実はこの911史に於いて、まだ両手にも満たない数なのだ。(ざっくりモデル世代毎にカウントして)その中でも写真の996ターボは、現代の水冷モデルの幕開けであり、水冷モデルの初代ターボでもある。最終型ラインオフから、10年以上経った996モデルも、この2016年に於いては、独特なオーラを纏うようになった。空冷モデルとまでは行かずとも、997とは明ら...

リアルスポーツカーなポルシェ

ラインアウトから20年が経った空冷ポルシェ、今でもこうして世界中のファナティックを熱狂させるのは、クルマという工業製品として、確固たる理由がある。それはポルシェが、「リアルに走れる」という所にある。例えば993と同年代の、ディアブロや355は名車中の名車で、空冷ポルシェと同様にその価値は、もはや一般的なゾーンを超えた所にある。一方でこれらのクルマ、サーキットに持ち込んだり、高速道路で少し追い込んで...