エヴァかアバランシェか?

RUFに続き、ポルシェチューナーの双璧をなす、ご存じゲンバラ。最新モデルを、強めにチューンナップしたモデルを、ジュネーブショーに引っ提げてきた。991ポルシェターボ?が原型のようだが、もはや原型がわからないレベル…(サスガですとしか言いようがない!)ゲンバラのアバランシェは、シリーズモノで今回が3代目。サクラダファミリア感が漂う…それにしても、このエアロアピアランス、随分と「あちら側」にいかれた感じ...

蘇るRUFイエローバード

やれば出来るじゃないか!といった感じである。RUF社に拍手。世界に30台限定とはいえ、ナンバー付のロードカーとして、名車CTRイエローバードを、現代風にリメイクして放ったのは、極めてチャレンジングで「偉業」。今回同じくジュネーブショーで、RUFオリジナルボディのCTR3を発表し、その源流として、この名車CTRイエローバードも、合わせて現代風に蘇らせたという、温故知新に溢れた演出がニクい。(世界的な...

RUF SCR4.2

年明けの、ジュネーブモーターショーで、空冷×水冷の、エポックなコンセプトモデルが、RUFから発表された。「RUF SCR4.2」このモデルは、ポルシェファナティックにとって、現代の理想モデルなのか、はたまたそうではないのか?建付けは…ボディは964、シャシは993、エンジンは水冷GT3エンジン、という組み合わせ。4.2リッターで、馬力は500馬力オーバーとなれば、まもなく出てくるであろう、991後期...