空冷ポルシェはお洒落に乗るべし

純正スピーカーをひっくり返して、驚くのは、3か所ともにノキア製であったこと。もっと、オーディオメーカーらしいものが、インストールされているイメージだった…先回も書いたが、なぜかツイーターだけは、アルパイン製に交換が施されていた。このツイーター、接着剤がこれでもかという程、べっとりと付いた取り付けだったので、前オーナーがDIYで作業したのだろう。(そのツイーターこそ死んでたが…)実際、触●レスのエキゾ...

空冷ポルシェ都市伝説シリーズ

空冷ポルシェには、昔から噂というか、都市伝説が多い。確かにどれも、「ありそうな話?」ではあるものの、実際にはそうでない話がほとんど。そもそも乗り手が少ない空冷ポルシェ、徐々に減りつつある空冷ポルシェ、価格高騰で乗りづらい空冷ポルシェ、種々の要因が重なり、最近この都市伝説はますます加速傾向だ。いずれも、我が青銀ポル993が、直接向き合った結果は下記の通り。RSクラッチの伝説「RSクラッチの正体とは」...

RSクラッチの正体とは

世に言う「RSクラッチ」がどんなものであるか暴こうではないか。中古で3万キロで買った青銀ポルも4万キロ位から、ややクラッチの滑りというかロック率がさすがに低下。新車時から交換していないので20年も同じクラッチということだ。ポルシェの工業製品の質の高さには改めて感動する。(ロケットスタートとかで遊んでいたのも良くなかったらしい、特にRRでは御法度らしく…)そもそもポルシェに乗る前に、「ポルシェのクラ...