僕たちは絶対にしない

見通しの悪い小道や、信号のない道で、僕たちは絶対にトバさない。普段クルマを速く走らせていると、如何にクルマが急に止まれないか、極低速で仮に何かに接触したとしても、そこに結構な衝撃が発生することを、体感的に知っている。もし、その見えない横道から、人や自転車やクルマが、突然出てきたら一体どうなってしまうのか?想像出来ないのか、想像しようとも思わないのか…誤解がある言い方だが、この手のリテラシーの低い運...

997は史上最多生産モデルなのか?!

先回の生産台数の続き、ポルシェのオフィシャルリリースを遡り、可能な限り分析して推察を加えてみた。(996時代のデータは欠落している…)(販売台数と生産台数があり煩わしい…)凡そこんな感じだ。2004 2.6万台 9972005 2.7万台 ↓2006 2.9万台 ↓2007 3.8万台 ↓2008 3.4万台 ↓2009 2.7万台 ↓2010 1.9万台 ↓2011 2.1万台 ↓ ※暦年決算に移行2012 2....

世界中で100万台売れた名機

911モデルがラインオフ通算100万台。単一モデルでこれだけの生産台数は、世界中探しても911くらいか?世界中で100万台のポルシェが、今まで生まれてきて愛されてきた中、我が青銀ポルも、そのうちの1台/100万台と思うと、長い歴史の中に刻まれたようで、何だか感慨深い。ちなみに、千葉県の人口が約97万人なので、千葉県民が皆1台づつ911を所有している、なんていう規模感だったりもする。歴代911の生産...

最新の水冷ポルシェに思ふ

特に991モデルになってから、ズバ抜けて速くなったイメージ。997も随分と速かったが、991になると997のトンがりよりも、安定感のある速さを見せ始める。このモデル間には隔世の感があると思っている。後ろから見てても思うし、横で乗っててもさらに思うが、991は結構サラッと簡単に速い。997まではしっかりブレーキングして、姿勢を作り込んでから進入、そんなイメージだったが、991になってから随分と乗用車...

夜の湾岸で放つターボS

993ターボSを繰り出す。(前編からどうぞ)あれ?壊れてる?と思う位に軽いクラッチタッチ。踏み込むというより、脚をそのまま降ろすだけで、操作ができる感動的な軽さ。ターボクラスにはレリーズのアシスト機能があり、ノーマルカレラ比でも随分と軽い仕上がりとなっている。シフトもしなやかでスムーズに入る。ステアもクラッチもミッションも軽く、いずれのアクションもマイルドでしなやか。この時点でターボの躾の良さと、...

もうGTS要らないのでは?

GTSって、「すごいお得なクルマ」というイメージで、色々卒業するには?!もってこいのクルマと思ってた。自然吸気という中では、バリバリGT3がキングだが、快適に効率よく乗るならGTSが最強だった。カレラという中では、カレSと、ターボの中間にあって、スポーティーさと、ラグジュアリーさの兼ね合い具合が、まさに絶妙!というゾーンを突いていたように思う。元々カイエンなどに設定のあった、「GTS」グレードは、...

インディビジュアルになる996

時代の王、ポルシェターボ。そのモデル毎に存在した王は、実はこの911史に於いて、まだ両手にも満たない数なのだ。(ざっくりモデル世代毎にカウントして)その中でも写真の996ターボは、現代の水冷モデルの幕開けであり、水冷モデルの初代ターボでもある。最終型ラインオフから、10年以上経った996モデルも、この2016年に於いては、独特なオーラを纏うようになった。空冷モデルとまでは行かずとも、997とは明ら...

PDEに参加してきた!

ポルシェドライビングスポーツエクスペリエンスの、ウォームアップクラスに参加してきた。(以下PDEと略)長くなるが、1本にまとめてみる!場所は、大磯プリンスホテルの海側の駐車場、西湘バイパス沿いのアソコと言えば、想像しやすいだろうか。少し別の言い方をすれば、プリンス内の大磯ロングビーチが、夏の営業が終わってクローズドして空いた、広大な駐車場を使ったプログラムという感じ。このPDE、Warm-Upが入...

大蛇ではなく大舵

マサミミーティング@富士スピードウェイに参戦してきた。マサミとは、そう、影山正美選手のことである。もはや説明の必要がないレジェンド…今回は、影山正美選手による、同乗、逆同乗を織り交ぜたスクールプラン。結果から言って、非常に満足のいく内容で、オススメ出来る。場所は富士スピードウェイのP2、参加台数は約20台、車輌ラインナップは、ガヤルド、GTR、991、997、996、981、R32、Z35、M3、...

そのクルマは官能的か?

ケイマンGT4って、その後どうなった?ってよく聞かれ,改めてGT4の人気と注目具合に驚く。安心して下さい、予定通り8月末に納車ですから。ちなみに、ティザー情報としては、「左ハンドル」「スピードイエロー」「カーボンバケットシート」という組み合わせ。納車日は、触媒レス爆音仕様の993で、ディーラーに乗り込み、華を添えたい。街中やサーキットで、よく見かけるようになったGT4に、実は意外なことを発見した。...

空冷の香りを感じさせる996型

サイドミラーに映るその996は、リアフェンダーにエアスクープを彫り込み、その存在感を一層際立たせている。997ターボとは一線を画する、今となっては細身のまとまったボディスタイル、名機996ターボ。見よギッシリとしたこのカタマリ感を。996は、前期型は1997年~デリバリー開始、後期型は2002年~2004年となっている。前期型に関しては、993のデリバリー末期と重なり、凡そ20年前のクルマとなり、...

997ターボ後期の凄味

もう、ホントに、超絶に速い。超弩級のクルマ。残念なことに、このクルマは既に売却済だが、ポルシェの頂点、ターボの凄味を、間近で幾度となく拝めたのは、この上ない貴重な経験だった。この同乗が最後となった。997T後期と、共に走った、その端々をお届けする。一度土砂降りの雨の中、その駆動性能を披露してもらった。正直このまま死んでしまうのでは…と思うようなもの凄い速度で、4つのタイヤが路面を一気に鷲掴み、コー...

「赤い彗星」991後期

関東某ディーラーに当日電話をして、当日快く乗せて頂いた、初見にも関わらず厚遇を頂き感謝。青銀ポル修理中につきはからずも、ポロでの仮面試乗という形となった。デニムにパーカーという軽装で行ったのだが、さすがにアルパインスターズのレーシングシューズを見られ、「あの…もしかして…」ということで、すぐに素性はバレる。もちろん試乗車はPDK想定だったが、「ポルシェに乗る時は」という、自分自身の中での最低限の「正...

997T前期のMTが見せる面影

今回の911モデルチェンジは、現911ユーザー以外の人も、各PCに行って試乗している様子。人気だ。従来の自然吸気カレラモデルが、ターボを標準装備というレボリューションが、世の中に与えたインパクトの大きさを改めて感じる。長い911の歴史は、いくつもの転換点があり、レボリューションがあった。・空冷エンジンの終焉(~空冷)・ドライサンプの終焉(~空冷、水冷スペチアーレ系を除く)・GT1ブロックの終焉(9...

993RSで家が買える

まず実車を久し振りに見ることが出来たのと、カラーがイエローだったこと、そして状態がきれいであったことに驚き。まだこんなのがあるとは…993カレラRSCS、やはり内装などは964RSと同じく、カーペットなどはもちろん排除され、極めてスパルタンな雰囲気…確かに、通常のカレラと比べたら造りの違いはもちろんのこと、重量の面でも相当のアドバンテージを持つものと見られ、足回りのパーツなどのクオリティも高いときた...

中古ポルシェ品定め

ポルシェの味わい方はピンキリだ、出来ればピンの方を味わいたいわけだが、実際そうもいかないので中古相場を虎視眈々と見て、ポルシェ相場の推移を見るのはなかなか面白い。キリの方がむしろポルシェらしさを荒々しく手短に味わえるかもしれない。そんな話である。いくつかのパターンに分けてシュミレーション。【200万↓コース】986B10万キロ半ばの初期型ボクスター、幌の状態のみ心配だが、エアロやマフラーやホイール...

水×熱という最悪図式の始まり

この991後期から、後世への911残存率は間違いなく低くなる。断言する。なにせ今回を機に、一部ホットモデルを除き完全ターボ化。911もボクスターもケイマンも…。クルマが壊れる時は、たいがい熱と水。どんなにポルシェが優れた工業製品を作ったとしても、根本的な問題は避けられない。まずポルシェは環境問題と燃費問題に対応するため、993世代までの空冷方式と訣別をして、996世代から水冷方式を導入。これがポル...