これが噂のエアコン修理だ

エアコンが1年半ぶりに復活!写真は交換したパーツ、エバポレーターの新旧比較。変わらずドイツ純正のベーハー製。上段の取り外したエバポの、右端カシメ部分の下の方で、若干青みがかっている部分が、冷媒が漏れていたポイント。少しだけ、空冷ポルシェのエアコン事情を…964、993のエアコンは、正しく直せば確実に蘇るが930まではエアコン配管が、ゴム製だったりもするので、その管理や維持は異次元…さらに、外気から取...

エアコン修理は順延

もはや夏っぽい日も出てきて、気温が高くなってくると、タイヤの空気圧も随分と高目に出てくる。マメに調整しててもやっぱり、突っ張った感じがどうしても嫌いで小まめに抜いたり。続・エアコンの話。延期より、順延という方が正しいので、エアコン修理は順延。(多分早々に修理することとなるが…)なんと、実は、いま、絶賛、「冷たい空気」が送風口から出るのだ。それもしっかりときっちり冷えてる空気が。事故の修理で、諸々の...

やはり避けられぬエアコン改修

実は去年からエアコンが効いていない。もしやと思い、去年一度冷媒をドーピングしたが、半月も持たずに冷気は消え去り…そもそも、空冷ポルシェのエアコンは、その配管周りが、クルマの周りを一周しているので、配管そのものが構造上長い。この構造上の問題から、冷媒が途中で漏れてしまい、エアコンが効かなくなる、という症状が比較的出やすい。またこれ以上に深刻なのが、気化されたガスを冷却する、エバポレーターが没している...