超軽量鍛造TWS到着

実は事故当時装着していたタイヤは、まだ装着してそんなに時間が経っていない状態だった。もともとは衝突した左側2本のみの交換予定で、ホイールも従来装着のワーク2本を直すないしは、2本のみ発注する予定だった。このワークのホイールは、定番デザインと別注カラーの組み合わせて、各方面からお褒めを頂いていた自慢のパーツだった。ただこの片側2本交換が精神的に気になってしまったのが発端…なのでこれを期に、「走り」の...

クルマのオシャレはドコから?

外観の一番の大きな要素はホイールだろう。写真は装着中のワーク。面積的にも大きく、車高調などと合わせてモディファイすれば、クルマの印象をガラッと変えることが出来るパーツだ。走行内容にも如実に表れてくるホイールの性能、真っ直ぐはあまり分からないが、先回中や切り返し、アンジュレーションを乗り越えた後の着地などでは、結構ニュアンスが変わってくる。今まで履いてきたホイールは…ADVAN RGⅡRAYS CE2...

クァンタム&ハイパコ

写真はラスベガスで発見した唯一の911。カイエンも見かけず、986ボクスターを2~3台程度、911はこの996カブリオレのみ、カブリというところがさすがカブリ大国アメリカだ。997ターボホイールで味付け済みか?砂漠が近くにあるためか、夏が猛暑のためか、いわゆるハイパフォーマンススポーツカーというのは、ほとんど見かけることはなかった、路面状況もとりわけ優れているとは感じられなかった。マセラティのギブ...

993復活メド

今日はクルマの最新状況の報告。我が青銀ポル993はどうやら2月には復帰出来そうだ、3月に車検なので車検まで済ませて納車の予定。ネオクラシカルに突入したクルマを直すという作業は、今となっては結構大変なことになってきていると改めて実感。古いクルマにお乗りのみなさまくれぐれもぶっ壊さないように(笑ナローとかでサーキット走ってる方々尊敬します。簡単に箇所毎に仕様を…ボディ。空冷ポルシェのボディ直しの名人に...

ポルシェならディープリム

空冷ポルシェに乗ったら、どうしてもディープリムのホイールが履きたかった。もちろん他の人が履いていないような別注カラーで。あのフレアしたリアフェンダーにディープリムを飲み込ませる。名門ワークに即オーダー。スタンドでサービスエリアでも、かなり注目されるこのホイール。モデルはご存じ「WORK MEISTER S1 3P」、その中でもディープリム仕様、文字通り3ピース構造のホイールなので非鍛造。ワークがポル...