ケイマンGT4のカーボンバケット問題

やはり、シートポジションがもったいない、もったいなさ過ぎる…(クルマはホントに素晴らしい!)ケイマンGT4の、純正オプションカーボンバケットシート、これがなかなか予想外なことになっている…まずもって、バックレスト角度が立ち過ぎではないか(笑)街乗り仕様にしても立ち過ぎ…(メット装着率が高そうなだけに大変不評だろう)角度にとどまらず、今度はアイポイントが高過ぎる、ポルシェなら、サイドミラーのちょい上、...

ケイマンGT4降臨!

レーシングイエローのケイマンGT4、ついに納車となった。明らかに、ディーラーで並ぶ、他のどのクルマよりも、その立ち姿にオーラがある。生まれ持った素質と言うべきか。日本の車検対応に合わせた、リアフェンダーのエクステンション、超大口径のブレーキローター、高々と掲げられたGTウイング、どれを取ってもフツウじゃない雰囲気。武闘派のイメージが強いが、車内の至る所にアルカンターラが使われており、その雰囲気は実...

最新スペチアーレ動向

ケイマンGT4は既に豊橋に入港済、月末に納車という段取りへ。スペチアーレ達の最新動向。まずはケイマンGT4、他国でのキャンセルなどがあったようで、日本への割り当てがここ最近で突如大幅に増え、なんと年内11月分まで配車があるらしい。そしてさらに驚くことに、982型が絶賛生産中の中、981型のケイマンGT4の生産ラインは、今日現在まだ稼働しているとのこと。(11月納車ということは来月位までか?)GT4...

かくしてポルシェは海を渡る

ポルシェの生産~納車までの、生産管理システムは、スマホ上で確認することが出来る。今風なシステムだ。遠く異国の地で、その生を受けたかどうかの超重大事実は、営業マンのスマホ上で、ものの数秒でいとも簡単に分かってしまう。あまたいる客に対して、オーダーされたクルマが都度都度、今どのようなコンディションにあるか、を伝えるのは、現実的に難しいが、待ち焦がれているオーナーにとっては、「たまらない情報」だろう。ち...

そのクルマは官能的か?

ケイマンGT4って、その後どうなった?ってよく聞かれ,改めてGT4の人気と注目具合に驚く。安心して下さい、予定通り8月末に納車ですから。ちなみに、ティザー情報としては、「左ハンドル」「スピードイエロー」「カーボンバケットシート」という組み合わせ。納車日は、触媒レス爆音仕様の993で、ディーラーに乗り込み、華を添えたい。街中やサーキットで、よく見かけるようになったGT4に、実は意外なことを発見した。...

投機対象となるスペチアーレモデル

中古車サイトを、クロールしていると、結構驚きなモデルが、ヒョイヒョイと出てくる。スペチアーレ代表の、991GT3RSを筆頭に、最近ホットだったケイマンGT4、などなど…しかも驚くことに、距離がいずれのクルマも、ほとんど3000キロ以下。ナラシもそこそこに、ポイッとリリース…これ、ポイントは、「新車並行車」ではなく、国内で販売された、「ディーラー車」が多数という点。いわゆるスペチアーレモデルは、ディー...

993帰還とGT4配車

今日は2つの良い話。1つ目。なんと友人にケイマンGT4の配車が決定!納車は8月とのこと、例月通り月初にデリバリー連絡がいった模様。6月にはオプション最終確認という段取り。秋にオーダーして約1年待っての配車、さすがファナティックなケイマンGT4と言えよう。さすがに8月納車は981型の最終ロットではなかろうか、まさしく滑り込みセーフ。夏頃にはケイマンGT4のナラしの話でも、お届け出来るのだろうか。メデ...

まもなくケイマンGT4生産終了

関東圏のポルシェディーラーに行ってきた。ボクスターか911でも、気まぐれお忍び試乗しようと思ったが、直前に雨が降ってきたので断念。(まぁモデルチェンジ前の試乗で怪しいし…)というわけで、ケイマンGT4の最新の発注・納車状況をヒアリングしてきた。さすがに1000万クラスの超お得車とだけあって、911Rより話題のバリューは圧倒的に高い。お届けしよう。まず、供給は未だに追いついてない状況で、各店舗でいわ...

ケイマンGT4の納期

去年の9月に行われた、ポルシェエクスクールシブショー@ウェスティン東京、天候は生憎のは雨だった。道中はさすがと言わんばかりに、いかにもお金に余裕のありそうな、皆々様のポルシェが行き交っていた。ラインナップは極めてここ数年買われたポルシェ達という感じだ。我々の前を走るのは、かの名器996GT3RSサマであり、至近距離からバックシャンを拝めるだけでも有難き。期待感が膨らむ。そう何を隠そう、この日は我が...

ポルシェ家の兄弟問題

どうしてだろうか?「718」という数字を冠されることが、喜ばしい感じで受け取れないこの複雑な感覚は?ポルシェといえば「911」という、歴史的神話があまりにも偉大過ぎるためなのだろうか。不思議とこの「718問題」は世の中的にハッピーなトーンではなさそうだ。ポルシェも自社の説明の中で、「伝統の四気筒が帰ってきた」と謳っているが、なんだろうかこのシラケたような感じは?「911との袂はこれで完全に分けた」...

クルマの売り方は変わる

ここ数年のシビックはシビックではなく、もはやスポーツカーでもなく、会話にも出てこなかったというのがリアルな話。要するに走っていないのである。NEWシビックタイプR、これが今回のモーターショーで一番気になったクルマであり、一番リアリティを感じられるクルマだった。限定750台のセールス。とりあえず即完売だろう。しかも一次受付窓口が全てWEBという…ネットを使えない人や、ホンダのHPを見れない人は、そも...

ケイマンGT4はストリートファイター

ケイマンGT4のステアリングを握る人は、ポルシェ「お初」という人は基本的にいないだろう。ディーラーもそういう野暮な奨め方はしないはず。ケイマンGT4に乗る人は、恐らくどこかのタイミングで911に乗ったことがあり、ポルシェの魅力を骨の髄まで感じたことがある人々なはずだ。RRの911でかなり攻め込んだ人々が、MRのケイマンGT4に辿り着くのではないだろうか。もっと言うとその人たちは911の前に、ボクス...

ボクスターの魅力

久し振りに喉から手が出る欲しいモデルがリリースされた。981ボクスタースパイダー。振り回して乗るポルシェパイロット達にはたまらないパッケージングだろう。そもそもこのスパイダーの驚きは、限定車的な発売ではないということ、実際オーダーをすればカスタマーは確実に手に入れられるという。随分ケイマンGT4とは仕切が違うというか、一つ水をあけられたような感じがするが、ストリートで乗ってしまえばそんなこと大した...