4週間で2500キロ走ってみた!

4週間くらいの間に、京都往復900キロ、伊勢神宮往復900キロ、をこなしてきた感想。空冷ポルシェとしてはちょっと過走行??実は993での単発ランとしてはこれが最長だった。当初「随分しんどいだろうな」と身構えていたが、2本を終えた感想としては、結局疲れ具合はベンツと然程変わらないということ。(長距離を走る、という点ではもちろんしっかり疲弊…)つまり、993でのランはそこまで、「シンドイもの」ではなかったのだ。そこ...

空冷ポルシェはお洒落に乗るべし

純正スピーカーをひっくり返して、驚くのは、3か所ともにノキア製であったこと。もっと、オーディオメーカーらしいものが、インストールされているイメージだった…先回も書いたが、なぜかツイーターだけは、アルパイン製に交換が施されていた。このツイーター、接着剤がこれでもかという程、べっとりと付いた取り付けだったので、前オーナーがDIYで作業したのだろう。(そのツイーターこそ死んでたが…)実際、触●レスのエキゾ...

侮るべからずマイナー整備

猛暑の中でも、臆することなく、空冷ポルシェを走らせている。エアコンさえ正常に機能していれば、その他は全くもってタフである。外気温の高い低いは、吸気温度と内圧には確実に影響するが、その他への悪影響は基本的に発生しない。(暑い時に乗ってはいけないことは実はない)そんなタフな日常使いをしていても、遠征の場合はちょっとしたネガが気がかりに。途中で故障して停まってしまったら…などを考えると、気になる部分は事...

これが噂のエアコン修理だ

エアコンが1年半ぶりに復活!写真は交換したパーツ、エバポレーターの新旧比較。変わらずドイツ純正のベーハー製。上段の取り外したエバポの、右端カシメ部分の下の方で、若干青みがかっている部分が、冷媒が漏れていたポイント。少しだけ、空冷ポルシェのエアコン事情を…964、993のエアコンは、正しく直せば確実に蘇るが930まではエアコン配管が、ゴム製だったりもするので、その管理や維持は異次元…さらに、外気から取...

ブイシーな911を目指して

下手をすると、下手をしてしまうのが、空冷ポルシェのモディファイ。いわゆる、「オシャレ」や「シブイ」の、スイートスポットが狭い。モディファイの塩梅と中庸が難しいのだ。ちなみに狙っているのは、「シブイ」のゾーン。今回ボディ3面にステッカーを施工。 同じ993乗りの方に作成して頂いた。リア面は既に、ウィンドウ上部に施工済なので、その他の3面に施工、これも拘りたい大事なポイント。(施工は1点モノなのでプロ...

エアコン修理は順延

もはや夏っぽい日も出てきて、気温が高くなってくると、タイヤの空気圧も随分と高目に出てくる。マメに調整しててもやっぱり、突っ張った感じがどうしても嫌いで小まめに抜いたり。続・エアコンの話。延期より、順延という方が正しいので、エアコン修理は順延。(多分早々に修理することとなるが…)なんと、実は、いま、絶賛、「冷たい空気」が送風口から出るのだ。それもしっかりときっちり冷えてる空気が。事故の修理で、諸々の...

動くトレーニングルームと化す

写真は関越の土樽PA。関越トンネルを抜けると、すぐ左手にある。冬場は、トンネルを抜けると、まっ白だったり、吹雪いていたりと、異世界の玄関口となるPA。関越トンネル手前の谷川岳PAと、関越トンネル出口の土樽PAは、冬場はチェーン着装ゾーンとして賑わっているが、夏場はこのように閑散としていて何とも寂しい。夜中に、除雪車のイエローサイレンの中で、完全防寒した係員に、タイヤを見られて、赤いライトセイバーを...

空冷ポルシェの洗礼

これが3年前の納車時、真っサラな青銀ポル993。近影はこちら。購入時はなんと走行3万キロで、「いわゆる」フルノーマル状態、19インチの社外のみが装着…(空冷ポルシェは19インチだとパツパツで走れない…)乗ってすぐに気付くが、エアコンの効きはイマイチ、純正のサスはヌケヌケ、減速するとクラクション鳴りっぱなし、シフトリンケージブッシュは壊れる、などなど、さすがに20年落ちとはいえ、「空冷ポルシェの洗礼」...

やはり避けられぬエアコン改修

実は去年からエアコンが効いていない。もしやと思い、去年一度冷媒をドーピングしたが、半月も持たずに冷気は消え去り…そもそも、空冷ポルシェのエアコンは、その配管周りが、クルマの周りを一周しているので、配管そのものが構造上長い。この構造上の問題から、冷媒が途中で漏れてしまい、エアコンが効かなくなる、という症状が比較的出やすい。またこれ以上に深刻なのが、気化されたガスを冷却する、エバポレーターが没している...

993復活メド

今日はクルマの最新状況の報告。我が青銀ポル993はどうやら2月には復帰出来そうだ、3月に車検なので車検まで済ませて納車の予定。ネオクラシカルに突入したクルマを直すという作業は、今となっては結構大変なことになってきていると改めて実感。古いクルマにお乗りのみなさまくれぐれもぶっ壊さないように(笑ナローとかでサーキット走ってる方々尊敬します。簡単に箇所毎に仕様を…ボディ。空冷ポルシェのボディ直しの名人に...